大川 画像こんにちは!
BASEBALL ONE
豊川フィールド
大川 学史です。

 

近年、
カットボールやツーシームなど
ストレートとさほど変わらない球速で
小さな変化球を投げる投手が増えてきました。

こういった変化球は
ゴロや打ち損じを狙いとしており
打者としては打つのも難しくなり
対応する技術を身につけていかなければ
上のステージには通用していかなくなってきます。

私が現役時代に
こんな言葉を言っている選手がいました。
「あのピッチャー、
微妙にタイミング変えたり、
ボールを動かしたり、男なら
ストレートで勝負してこいよ!!」と。

いやいや。
あなた、タイミングが全て
1、2、3だから変化球打てない
だけじゃないですか!!
と内心思っていました。

対応能力がない
負け惜しみにしか聞こえませんよね。

もし、あなたが
プロを目指しているのであれば
こんな低レベルなことを言っていては
なれるわけがないことはわかりますよね。

プロ野球界にも
こういったボールを投げる投手は
たくさんいます。

そういった投手を
打ち崩していかなければ
野球ができる環境が
あなたからなくなってしまいます。

そこでご紹介するが
「ワンバウンドティーバッティング」

ワンバウンドさせることにより
微妙にボールが変化します。

もちろん、
ボール球になることもあるでしょう。

こういったボールを打つには
ボールを長く見ることができる
タイミングの取り方をしなければ
芯で捉えることは難しくなります。

投げ手のコントロールも
重要にはなりますが
変化球が苦手なあなたには
実践してほしいメニューです。

一度、実践していてくださいね。

http://youtu.be/mS5Q_SqFWvc

PS
〜投手のあなたへ〜
私は中・高生であまり
カットボール、ツーシームに頼った
投球をすることはオススメしません。
こういった投球はいつでも出来るようになります。
まずはストレートに磨きを
かけていってほしいと思います。

最近の投稿記事

【練習動画】 リストワークを向上させる!ティーバッティング 

【練習動画】テイクバック動作 肩甲骨をスムーズに行うための練習方法 PART3 

【練習動画】テイクバック動作 肩甲骨をスムーズに行うための練習方法 PART2 

【練習動画】テイクバック動作 肩甲骨をスムーズに行うための練習方法 PART1

【練習動画】一人でも出来る! スローイング 練習方法