こんにちは!

BASEBALL ONE

ゆうじ

 

大崎裕司です。

 

 

今日は大学時代の話をさせて頂きます。

僕は大学2年のシーズン終了と
同時にマネージャーを
することになりました。

あなたのマネージャーに対する
イメージはどのようなものがあるでしょうか?

知ってみえる方も多いとは
思いますが高校野球までの
マネージャーより仕事量が
少し増えます。

道具管理・試合中のスコア等の
選手サポートはもちろんですが、

その他に
・オープン戦の日程調整
・部費の管理  等々
チーム内外のことも行います。
対戦相手
・審判・連盟の方々との連絡のやりとり
など対外的な仕事をこなしながら時には、

首脳陣の愚痴を聞き、
ある時には、選手の愚痴を聞き……と
いつも間に挟まれていた気がします。笑

その中でも双方の
心理・意図を考慮しながら
それぞれ立場になって物事を考え、
いい意味でクッション役になり
首脳陣と選手の間に立って

 

 

どのようにしたら
チーム全員でまとまり
強くなっていけるのか?を
考えることができた2年間でした。

この経験は自分が人として
大きく成長できた中の一つであり、
社会人になってからの
人生でも活かせていると思います!

野球に対していろいろな角度から
接してきた経験をあなたにも
お伝えし野球の技術・知識以外のことでも
サポートさせていただきますので、
精神的な事・野球以外の事でも
どんどん相談して下さい!

あか2

ケア
さそ



うぇぶうぇ