いべ

 

こんにちは!
ベースボールワン

あべくん

トレーナー
阿部将大です。

 

 

今日から
数回に分けて試合期の
コンディショニングについて
紹介していきます。

まずは
試合前の食事
についてです。

食事については
よく質問していただきます。

ゲン担ぎでカツ丼!
スタミナをつけるために焼肉!

などと考えている方も
多いと思います。

実際にはどのようなものを
食べたらよいのか…

 

試合前の食事

 

試合前の食事というものは
パフォーマンスには大きく
関連していきます。

・食事の取り方
・食事を取るタイミング
・食事の内容
・食事の量

など様々な要素が
必要となっていきます。

 
試合前にきついトレーニングをしたり
追い込むようなトレーニングをする
ということはほとんど無いと思います。

 

トレーニングにおいても
試合前には調整を行い
試合にベストなコンディション
挑むことができるようにしていきます。

それは食事においても同様なことなのです。

選手として試合にベストな形で
調整していくことは当然のことなのです。

 

試合前の食事で意識すること

 

準備していくにあたり
まずは内容を見直していきます。

 

試合前だからといって
たくさん食べたり何かを
必ず摂らなければならない
ということはありません。

 

ポイントとして
炭水化物を多めにとる
ということがポイントです。

 

試合の2、3日前から炭水化物の
ご飯や麺類などの主食を増やし

おかずの量をやや少なめに
していくと良いでしょう。

 

比率としては

炭水化物    7割以上
たんぱく質 1.5割前後
脂質    1.5割以下

にしていくことが理想です。

 

脂肪分の多い食べ物や
調理方法として油を多く使ってしまい
油の摂取量が多くなってしまう食事は
消化があまり良くないため
少なめにする必要があります。

 

特に前日に脂肪分の
多いものを食べてしまうと

消化しきれずに
食べ物が溜まってしまうこともあり
プレーにも影響してしまいます。

 

最初に紹介した
焼肉やカツ丼というものは
特に脂肪分も多い食事になるため
かえってコンディションを
悪くしてしまう可能性もあるのです。

 

身体を動かすための
原動力となるのは
ごはんや麺類といった
炭水化物なのです。

 

炭水化物を多めに
とることにより試合での

身体を動かす
エネルギー源となります。

このエネルギーとなる炭水化物を
2、3日前から多めに摂取することにより
エネルギーを蓄えていくことができるのです。

 

試合では多くのエネルギーを消費するため
それだけ蓄えておく必要があるのです。

 

食事も練習一つと言われますが

試合で良いパフォーマンスを
発揮していくためには
食事から意識していくことで

さらにコンディションを
高めていくことができます。

試合で
ベストを尽くすために
試合前の食事を意識して
取り組んでみませんか?

 

PS
試合でいきなり
試すのではなく
練習でも何回か試して
自分に合う形を
見つけていきましょう。

 

イベント