こんにちは!
大川 画像
BASEBALL ONE
豊川フィールド
大川学史です。

バッティングにおいて
毎日素振りしているのに
・飛距離が出ない!
・ホームランを打ちたい!

そうお悩みのあなたに
ぜひ!取り組んでほしい練習を
ご紹介します。

バッティングで飛距離を出すためには
腕のみの力ではなく、
下半身、体幹など
体全体でスイングすることが
とても大切となります。

それを身に付けるために
こちらの練習を試してみてください。

まずは動画をご覧下さい↓

このように歩いて
ティーバッティングをします。

ノッカーが外野フライを打つ時と
同じようなイメージをしていただくと
わかりやすいかと思います。

外野フライを打つ時、
歩いてノックを打つ人もいれば
体重移動でフォロースルーを大きくとり
打つ人もいます。

一度やってみるとわかると思いますが
腕のみの力では外野フライは
ドライブした打球になったりするなど
なかなか飛んでいかないものです。

歩いて打つことにより、
左打者であれば
左足に乗っていた重心を
打ちたい方向である右足に乗り、
伝えることができます。

これがよく言う
「踏み込んで打つ!」
ということにも繋がってきます。

飛距離が出ない多くの選手は
左足に乗ったまま回転動作を
行ってしまうのです。
(右打者は右足)

これが結果的に
開きの原因になったりするものです。

『歩く』という動作は

自然に体重移動を行っているものです。

それをバッティング動作に
そのまま活かしてほしいものです。

ご紹介しているティーバッティングで
全身を使い打つ!ということ
身につけるのに有効ですので
ぜひ!役立ててみてください!

 

 

 

バナー①