こんにちは!

BASEBALL ONE

ベースボールアナライザー

西村 画像

西村昌太朗です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野球というスポーツは様々な常識があります。

ゴロを捕るときは腰を落とせ!

捕手のセカンド送球のときミットを耳まで一緒に持ってくる。

バットは上から出せ!

フライは打つな!
ゴロを打て!

などなど

上記は野球の世界では

必ず言われる

常識です。

しかし本当にこの動きや考えが

正しいのか?

あなたは疑問に思ったことは
ありませんか?
僕は

間違いではないと思いますが

あっているとも思いません。

例えば

捕手のセカンド送球

握り変え動作だけで言えばいくつか

あるのですが

代表的なものが

2つあります。

一方は常識として言われているもの

もう一方は

あまり出回っていないものです。

この二つを比べると

ほぼ同タイムを計測することが

できます。

しかしです。

あまり出回っていない方法は

格段にボールを
触っている時間が長いのです。

つまり

握り変えミスの確率を下げることができます。

ですが常識を信じている方々から

するとそんなのダメだ!と

おそらくおっしゃるでしょう。

でもですよ!

野球というのは

確率を下げるために
どうするか?

確率を上げるために
どうするか?

というのが根本にあるのでこの内容に当てはめれば

間違いではないはずです。

常識を否定するわけではありません。

ただもう一度その常識を深く考えてみてください。

確立が低いもの

確率が高いもの

しっかりと見えてくる

と思います。

 

それがあなただけのオリジナルになるのです!

 

 

top_2