staff3

BASEBALL ONE

豊川フィールド

大川学史です。

 

今やネットを開けばさまざまな野球の理論や

野球の練習法、練習アイテムを手に入れることができます。

私も様々なことをこうしてあなたに発信できているのも

ネットのおかげです。

 

しかし、様々ないい情報が色々なところから

得ることができるのにも関わらず

 

・なかなか上達しない!

・俺には無理だ!

 

などとあきらめていませんか?

 

そうなのです。

ほとんどの選手が

 

『続かない』

 

一時的にいいと思ってもそれを実行し続かない。

自分に合っているのかどうか、それすらわからなくなってしまう。

 

それはなぜでしょう・・・

 

 

あなたは今から家を建てる建築士だとします。

・いいノコギリを使う

・いい木材を使う

・いいトンカチを使う

 

このようにいい道具ばかりを揃えても家は建ちませんよね?

 

最初はイメージをもって家を建てようとしますが

寸法など違っていたら家は建ちません。

 

家を建てるのには「設計図」が必ず必要です。

設計図があるからこそ、

いいノコギリなどは使いこなすことができます。

 

 

野球選手ではどうでしょうか。

 

野球を上達するために

・いい道具を使う

・いい練習法を知る

 

そんなことばかりを考えていても

自分がどうしたらうまくなるのか知らなければ上達はしません。

そして続きません。

 

つまり

あなたに「設計図」があるかどうかです。

 

自分の夢・目標は○○だからこうしないといけない。

・自分は○○ができなくてこのためにこうしないといけない。

 

このように取り組まなければ

例えあなたがどんないい才能を持っていても100%実力を

発揮することは難しいでしょう。

壁にもぶち当たるでしょう。

 

自分の取り組みに対して根拠をもち

自己分析をしっかりと行い

練習計画を立ててから日々の練習を取り組んでください。

 

そのように取り組めば

いい練習法や道具は必ずあなたの上達を手助けしてくれます。

 

top_2