staff3

BASEBALL ONE

豊川フィールド

大川学史です。

 

すっかり寒い季節になりましたね。

少年野球の選手は試合がまだまだあると思いますが

ケガには注意してアップを大切に行ってくださいね!

 

最低限としては

“汗をかく”

ということをしてほしいと思います。

 

私も現役時代はなかなか

アップの重要性に気づくことができませんでした。

 

めんどくさい・・・

 

あなたもそう思っていますよね?!

 

そうです。

たしかにめんどくさいです。

疲れるし・・・

 

しかし!

アップを怠ったときのパフォーマンスはひどいものでした。

 

なかなか感じることは難しいですが

本当に変わりますよ!

 

どれくらいやったらいいのか?

 

参考までに

私の先発時のアップをご紹介したいと思います。

・ランニング(20分以上)

・ストレッチ(動的)

・動き作り(キャリオカなど)

・PP4本

・体幹3種目 2セット

・50メートル 4本

・30メートル 5本

・10メートル 10本

・その他、その日の身体の状態を感じながら

プラスαで行っていました。

 

あなたはグランド1周。

はい、キャッチボールなどとなっていませんか?

 

“自分の身体を知る”

という事にも注目すれば

アップを怠ることはないでしょう。

 

アップを怠る選手は一流にはなれませんよ!