staff3

BASEBALL ONE

豊川フィールド

大川学史です。

 

昨日は今年初めて野球の試合に参加してきました。

 

久しぶりに投げましたが

今日は全身筋肉痛がひどく

日々の練習の大切さを改めて実感しました。

 

 

今日は「ケア」について

考えて頂きたいと思います。

 

私の野球人生は怪我の連続でした。

 

はいまだに寝ることができないほどの

激痛の時があります。

 

右肘はまっすぐに伸びません。

 

は手術しないとこのまま投げることができなく

なってしまうよ。と言われました。

 

そのため、

現役時代は痛み止めを飲みながら

プレーしておりました。

 

肩を壊した時は

動かすだけで激痛でした。

箸すら持てませんでした。

 

ケアの重要性は自分の中で理解はしていましたが

なかなか時間を割くことができませんでした。

 

どうしても未来の自分より、

今の自分を見てしまいます。

 

そして

ケガをしてから様々なことに気づきます。

 

そこでこのブログを読んで頂いている

親の方へお願いがあります。

 

ケアについては口すっぱく話をしてください。

 

例えば、冬のアイシングは寒くて嫌かもしれません。

そこを

怒ってでも、怒鳴り散らかしてでも

させてあげてください。

 

私は肩、肘を壊し、

球速が落ちてしまいました。

 

本当に後悔しています。

 

ケガは未然に防ぐことができるケースが

ほとんどです。

 

 

クールダウン、ストレッチ、アイシングなど必ず忘れずに

取り組んでいただきたいです。

 

「今日はいいや!」

の積み重ねが将来の後悔ですよ。

 

ぜひ!私のような思いをさせないように

してあげてください!