burog

 

こんにちは。

BASEBALL ONE

スクリーンショット 2016-06-06 16.16.40

ストレングストレーナー
林泰祐です。
甲子園出場校が決まってきましたね!
本大会で
素晴らしい試合が見れると思うと
今から待ちきれません!

 

さて、今回のブログでは
ストレングストレーニングの
3大エクササイズと
野球選手が押さえておきたい
エクササイズを+1とし
て紹介していきたいと思います。

 

まずは
世にいう3大エクササイズ。

一つ目は
上半身の大胸筋を鍛えていくための
『ベンチプレス』
IMG_0718
このエクササイズは
押すという動作になってきます。

二つ目は
下半身を主に鍛えていくための
『スクワット』
IMG_0719
このエクササイズは
下半身のみならず体幹も
鍛えることもできます!

そして3つ目は
下半身と広背筋を鍛えることができる
『デッドリフト』
IMG_0720
このエクササイズは
テクニックも大事になってきます。

 

ichi

 

 

 

この3大エクササイズに加えて
野球選手としてぜひ、
取り入れたいエクササイズは
『引く』という動作があるものです。

 

例えば
懸垂などが代表的なトレーニングです。

この『引く』というトレーニングは
ベンチプレスの『押す』という
トレーニングと反対の動きとなります。

 

そして、
野球の打つ・投げるの動きから考えると
ストレングストレーニングの中では
押す:引く=3:7
の割合がベストだと
よく言われております!

なので、むやみやたらに
腕立てやベンチプレスを
やりまくるというのは
ケガを起こさないためにも
避けた方がいいと思います。

 

この3つのトレーニングは
基本的なものですが
各トレーニング少しフォームや
足の幅を変えることで
効果が変わるので、
ちゃんと効果を知ったうえで
トレーニングを行っていくように心がけましょう!

 

ichi