ロゴ

盗塁

 

こんにちは!

BASEBALL ONE

大崎

 

 

 

 

 

大崎裕司です!

「足は遅くないんですけど
 盗塁ができないんです、、、」
「50m走はチームでも
 上位なのに盗塁のタイムが遅い、、、」

 

このような悩みをもっていませんか?

 

盗塁のタイムが遅い主な原因は
・1歩目のスタートが遅い
・反応が悪い
・トップスピードに乗るのが遅い
・スライディングで失速してしまう など

上記のようなことが挙げられますが
この他にも様々な原因があります。

先日も
ある独立リーグの選手から相談を受けました。
相談内容は
「盗塁の数を増やしたいんですけど
 どうしたらスタートが良くなりますか?」
というものでした。

 

この選手は
打撃ではチームの主軸を打ち、
50m走、ベースランニング共に
チームで上位のタイムを出す選手です。
しかし、盗塁のタイム走となると
平均3.3秒。

 

決して遅いタイムではありませんが
セーフになる確率を上げる為には
もう少し速くしておきたいというタイムです。

 

彼のような独立リーグで活躍している
選手でさえも0.1秒をどのように縮めるか、
1歩、1足分をどのように縮めるかを
日々、試行錯誤しながら練習をしています。

あなたは何か意識をできていますか?
そんなあなたにも今すぐ意識できる
ポイントをお伝えいたします。

続きを読む>>>

スクリーンショット 2017-05-22 17.28.45