こんにちは!

 

 

 

 

 

BASEBALL ONE
大川学史です。

 

野球では
きつい練習こそ努力の証!
そう思われがちなものです。

 

確かに
状況によっては体を極限まで
追い込まないといけない時もあります。

 

私も現役時代は

ランニングメニューで
ランニング中に吐きながら
走ったりしたこともありました。

 

 

こうしたきつい練習は
体を作るため
パフォーマンスを向上させるため

 

そして精神面を鍛える上でも
時には必要なものです。

 

しかし
動作に関して言えば
どうしてもできない動きに対し
型にはめ込み、きつい練習を課し
闇雲に取り組むのは
本当に正しいのでしょうか。

 

例えば、、、

続きはこちら>>>

 

スクリーンショット 2017-05-29 14.18.10