こんにちは

 

 

 

 

BASEBALL ONE
依田徹平です。

「積極的に行け!」

 

打席に立つ選手に向けて
そうした声をよく聞きます。

 

この後に起こる結果は
2つのパターンがあります。

 

1つは成功
「積極的」にファーストストライクを
打ちに行きヒットを打ったパターン

 

これは積極性がうまく結果に
結びついたケースです。

2つ目のパターンは失敗
「積極的」に初球から打ちに行くも
凡打に終わる

 

これは積極性が裏目に出た
ケースです。

 

成功をすれば
「よく打った」
「積極性のおかげだ」
と賞賛をされますが

 

失敗をすれば
「なんで初球から行ったんだ」
「あそこはボールをじっくり見るケースだ」
と言われてしまいます。

 

こうして聞くと
ただの結果論のように
聞こえてしまうかもしれません。

 

そのままでは選手と指導者の間に
不信感が生まれてしまったり
モチベーションが下がってしまう
ことに繋がりかねません。

 

結果論にしないためにも
チーム全体で
「積極性についての認識」
共有しておく必要があります。

 

続きはこちら>>>

 

スクリーンショット 2017-05-04 23.11.59