こんにちは

BASEBALL ONE
依田徹平です。

 

 

「野球をもっと上手になりたい」

そんな思いのもと
あなたも日々練習を
していると思います。

 

練習をすることで
チーム内競争に勝ち
試合に出ることができ
またライバルチームや強豪チームと
対戦をしていきます。

 

ですが、
よくここで陥りがちなのが
視野が狭くなってしまうことです。

 

同じ地区の強豪チームに対して
「あそこには絶対に勝てない」と
思い込んでしまったり

同じチームの上手い同級生に対して
「あの子には何をやっても勝てない」
と劣等感を抱いてしまったり、、、

このようなことは
特に小学生や中学生などの
少年野球においてよく起こります。

 

それはまだまだ経験が浅い為
その狭いグループや環境の中が
全てだと思い込んでしまうからです。

 

そうした狭い視野や環境で
自己評価をしてしまうと
成長は止まってしまいます。

 

同じ地区の強豪チームも
都道府県単位で見れば
普通かもしれません。

さらに全国レベルで見れば
上には上がいるでしょう。

 

同じチームの中で
天才と呼ばれる選手でも
同じです。

 

全国レベルで見れば
もっと上手い子は
山ほどいるでしょう。

 

また小学生の頃は
体の発育も
パフォーマンスに
影響を及ぼします。

 

どうしても
体が大きい選手の方が
活躍をすることができます。

 

しかし高校生ぐらいになると
そうした選手も周りと
変わらないような体格に
なっていたりします。

 

つまり何を言いたいかというと!

 

続きはこちら>>>