こんにちは

BASEBALL ONE

ベースボールアナライザー

20140305-121634.jpg

西村昌太朗です。

 

 

 

 

 

ニューヨークヤンキースに

大型契約で入団した

田中将大 投手が初勝利を上げましたね!

本当に素晴らしい!

未来の野球少年達のにまたまた

夢を与えてくれています。

 

そんなメジャーリーグにて

新しいルールが今年から

採用されているようですね!

 

その名も

チャレンジ

 

このチャレンジ

一体どのようなルールかというと・・・

『アウト・セーフの判定、外野手が飛球をバウンドする前に

捕球したかどうかの確認、などだ。対象外となるのは、

ストライク・ボールの判定などごく一部だけとなっている。

 両チームには1試合で原則1回ずつ「チャレンジ」と

呼ばれる権利が与えられている。

これはテニスなどと同様の方式で、

疑わしいプレーに対して監督が審議要求を出来るというものだ。

ビデオで確認した結果、判定が覆れば「チャレンジ」権は

もう1度だけ与えられる。つまり、3度以上は要求できないが、

7回以降に微妙な判定があった場合には、

責任審判が利用することは可能となっている。』

(yahooニュースより引用)

 

簡単に言うとホームランだけではなく

1部例外を除き

その他のプレーにも

ビデオ判定を行えるというもの。

 

個人的な意見を言わせてもらうなら

とても良いルールだと思います。

 

新ルール導入初年度言う事で

様々なメリット、デメリットが

今後現れるでしょうが僕個人としては

とても良い改革だと思います。

 

僕が中学時代に

チームメイトが打った打球が

外野に飛びファールライン上に落ち

石灰が舞っているにもかかわらず

ファールと宣告された事があります。

ちなみにこの試合僕は

ノーヒットノーランをしていたのに

0−0の引き分けのまま抽選で負けました・・・

 

なんでもかんでも抗議をすればよいとは

思いませんがプレーしているのも

ジャッジしているのも人間ですから

限界はあります。

 

ぜひ!こうしたルールの改革が

良い方向へ進んでくれる事を願います。

 

 

っっっq