aaa

 

大川 画像こんにちは!

BASEBALL ONE

豊川フィールド

大川学史です。

 

 

 

私は投手出身ということもあり

投手のフォームや牽制、

フィールディングなど様々な投手についての

相談を指導者や選手からされます。

 

そこで、投手を指導させて頂く機会が

とても多いのですが

ほとんどの選手が

「ワインドアップで投球練習を行っている」

ということです。

 

しかも!ワインドアップの投球練習のみで

投球練習を終える選手も少なくありません。

 

しかし!!

 

試合ではセットポジション時

ワインドアップ時ではどちらが多いでしょうか?

 

そして!!

 

ランナーがいる時に打たれるのと

ランナーなしの状態で打たれるのは

どちらが嫌ですか?

 

もちろん、ランナーがいる状態ですよね?

 

失点する確率が高いですからね。

 

それにも関わらず!

練習ではセットポジション、

クイックでの投球練習をほとんど行わないのです。

 

これでは試合のための練習にはなりませんよね?

 

あなたがもし!

「俺は一人もランナーを出さない!!」

というのであれば問題ないでしょう。

 

しかし、毎回、そんな状態は難しいですよね?

 

 

フォームを固めるためなど

「今日はワインドアップで投げ込む!」

などと目的があるのであればいいでしょう。

 

ぜひ!今の練習は

試合につながっているか?

何のためにやっているのか?

考えてみて下さいね!

 

近年、常時セットポジションから

投球する選手がプロ野球選手でも

増えました。

 

これらのケースのほとんどが

ランナーが出た時には必ず

セットポジションで投球するので

ワインドアップからセットへの

フォームの変化によりコントロールが

乱れないようにとするためです。

 

また、ワインドアップよりも

バランスを意識しやすいので

コントロールも安定しやすくなります。

 

他の理由などもありますが

このような理由から常時セットポジションから

投球しています

 

もし、あなたが

ランナーがいないときワインドアップで投球をしており、

ランナーが出た時の被打率、四死球率が高いのであれば

一度試してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

top_2