こんにちは!

BASEBALL ONE

ベースボールアナライザー

20140305-121634.jpg

 

 

 

 

 

西村昌太朗です。

 

 

 

 

プロ野球選手は

ホームゲームの時に

専属の運転手さんを付けて

自宅から球場へ

向かう方もいるそうです。

スクリーンショット 2014-04-24 10.35.48

 

理由としては

リラックスした状態で球場へ行きたい。

プロに任せて事故などに合わないようにするなど

理由は様々だと思いますが

これって贅沢だと思いますか?

 

 

きっと賛否両論あるでしょう。

自分で運転しろよ!と思う方も入れば

プロとしての投資と考えれば素晴らしい。

と思う方もいるでしょう。

 

そう!

プロの選手が運転手付きで

球場へ向かう。

という内容をあなたに少し考えて

もらうだけで

贅沢誰にでもできる事ではない。

という事がスグに!頭の中で分かるはずです。

 

でも!ちょっと待って下さい。

あなたもグランドや試合会場まで

お父さんお母さんに送り迎えをして

もらっているのではないですか?

 

今、お話させてもらった

プロ野球選手が運転手付きで球場へ行く

ことと

子供がご両親にグランドへ送迎をしてもらう

ことというのは何ら変わりがないのです。

 

 

一昔前は

歩きか自転車でいけるチームへ入団する

というのがその地域に根付いていました。

しかし

今はご両親のご理解もあり

車を使って少し離れたチームにも

入団させてもらえる選手が増えてきました。

 

つまり自転車では行けない場所へ

車を使って移動をし

野球ができるようにしてもらっているんです。

 

お父さん、お母さんに

球場やグランドへ送り迎えを

してもらっている選手へ。

 

プロ野球選手の中でも

運転手をつけられる選手というのは

ほんの一握りです。

もしかしたら贅沢なのかもしれません。

しかしプロ野球選手というのは

自分が活躍する為に!

ベストコンディションを保つ為に!

運転手を付けています。

そしてその運転手さんにお給料を払います。

 

あなたが今

お父さんお母さんにして

もらえている事というのは

一部のプロ野球選手がお金を払って取り組んでいる事と

全く同じだけの価値があることを

ずーーーーと!してもらえているのです。

 

送り迎えをしてもらえるというのは

当たり前じゃない!

プロ野球選手でもできない人がいる

とてもありがたい事なのです。

 

TVばかり観て

ゲームばかりして

遊んでばかりいる場合じゃない!

 

自宅でのあなたの取り組む姿勢が

なによりものご両親に対する恩返しです。

 

球場やグランドへ

車を使ってご両親にサポートしてもらっている選手。

もう一度言います。

 

送り迎えをしてもらえるというのは

当たり前じゃない!

プロ野球選手でもできない人がいる

とてもありがたい事なのです。

 

お父さんとお母さんに

お給料を払う事はできません。

でも!僕たち野球選手は

最高のホームラン!

最高のピッチング!ができるはずです!

 

毎日サポートしてくれる

お父さんとお母さんの為にも!

頑張ろうぜ!