こんにちは!

BASEBALL ONE

ベースボールアナライザー

20140425-130541.jpg

 

 

 

 

 

 

 

西村昌太朗です!

 

 

 

 

 

 

この物語は
社会人野球と会社を舞台に
描かれており

元・社会人野球選手としては
一度は見ておかなければと♫

昨日はTVに釘付け!

そのルーズヴェルト・ゲーム
豊川市で撮影されていましたね!

豊川市
社会人野球
といえば

私が所属していた
東海理化 硬式野球部

なんだか共通点が多いドラマでして
勝手に親近感を覚えてしまいます。
昨日放送の第一話の中で
登場してきた

「ヤジを飛ばす男」

あなたはどんな気持ちになりましたか?

どの試合にも現れて
めちゃくちゃなことをスタンドから
大声で叫んでいましたが 笑

あの人。
凄いですよね!
選手がかわいいんでしょうね!

そして野球部が大好きなんですね!

台詞の中でも言っていましたが

「こっちは有休使ってきてんだよ!」と。

自分の大切なお休みを使って
球場へ毎試合足を運んでいるんです。

僕は愛のある方だなーと
気に入ってしまいました。
野球界的にいうと
社会人野球というのは

やはり高校野球に比べ
「注目度」は劣ります。

しかし、こうして経験してきたからこそ
言えますが・・・

本当に素晴らしい
野球のドラマがたくさん溢れています!

社会人野球の事を

・点が入らない
・TV放送がない
・高校野球の方がおもしろい

なんていうマイナスの声も
たくさん聞くのですが

社会人野球というのは
プロと同じく
”入りたくても入れない”選手が
山ほどいます。

そして毎年
戦力外を受ける選手が
山ほどいます。

そんな世界で仕事と野球を両立し
自分の全勢力をかけて1日1日を
過ごしています。

また家庭も持ちながら
こうした世界に何年も
活躍している方もいます。

そういった環境の中で
戦っている選手達の試合が
面白くない?

そんなわけがありません。

プロと同じで
”入りたくても入れない”世界です。

野球のレベルもトップクラス
プロの2軍クラスであれば社会人チームが
勝利する事も珍しくありません。

そして
会社の業務時間を犠牲にして
「野球をやらせてもらっている」という
いち、社会人としてのマインドが
確立されている選手の集団です。

1球1打に全力で戦える
その立ち振る舞いにこそ
見応えがあるのです!
ルーズヴェルト・ゲーム

これから
そういった世界に
飛び込もうとしている
選手達にこの

社会人野球という世界を
この日本に広めてもらう
良いきっかけになることを
切に願います!

 

PS

こんなに素晴らしい社会人野球に

お世話になっているにも関わらず

こういう馬鹿な選手が今後現れない事も切に願う。