大川 画像こんにちは!

BASEBALL ONE

豊川フィールド

大川学史です。

 

 

あなたも毎日レベルアップのために

フォーム修正やトレーニングを行っているかと思います。

 

私たちは

選手の悩みをヒアリングから把握し

フォームを修正したり

そこに対してピンポイントで

トレーニングを行います。

 

先日、ある選手が

ボールのキレを出したい!

ということで下半身の使い方

ボールの回転数を上げるための

トレーニングや練習方法を提案し実践しました。

 

修正後修正前でフォームを撮影し

伸び幅、そしてどちらが良いかを

目で見て納得して頂くため

比較し確認して頂きました。

 

その時は

自分でも今までと違う感覚で強くリリースでき、

修正前よりリリースポイント(ボールを離す位置)が

前(キャッチャーより)になりました。

そのことを選手はしっかり実感して

満足して帰宅していきました。

 

しかし、1週間後のトレーニングで

以前のフォームに戻っています。

 

私はすかさず

「なんであんなに良かったのにもとに戻したの?」

選手

「いつもと感覚が違うのでコントロールしにくかったので」

 

そりゃそうですよね・・・。

 

ずっと投げていたリリースポイントの

位置を変えたので感覚が変わるのは当然です。

 

良いと頭でわかっていても継続できないのです。

 

今までレベルアップしなくて

フォームを修正し、目で見て良いと納得したのに

結局もとに戻していては

ずっとレベルアップしないままです。

 

例えば上半身に頼った選手

(俗にいう手投げと言われる選手)が

下半身の使い方を取り組んでいるとき

普段使っていない部位を使うので

いつも以上に疲れたり、違和感を覚えたりすることは当然です。

 

そこで結局楽な従来のフォームに戻してしまう。

これではレベルアップしていきませんよね?

 

こういったケースは非常に多く見受けられます。

 

だからこそ!

継続できない選手が多いのです。

知識だけは増えていくが

何かと言い訳をし、やらない理由を作ります。

 

最初はいつもと多少感覚が変わるのは当然です。

全てがすぐにはまるとは限りません。

しかし!それを反復し、

自分のモノにしていくのです。

 

このサイクルがわからない選手は

いつまでたっても現状維持のままです。

 

あなたはそのような選手になってはいけませんよ。

 

結果が出なくて悩んでいる・・・。

本気で今の自分を変えたいあなた!!

私と一緒にレベルアップしませんか?

 

 

personal3

 

 

体験