大川 画像こんにちは!

BASEBALL ONE

豊川フィールド

大川学史です。

 

 

投手であれば、最後まで

マウンドに立っていたい!と

思うのが投手の心理かと思います。

 

しかし、試合の後半になると

疲れからボールが抜けやすくなってしまう・・・

 

どうしても

体が疲れてしまうと上半身で

思うように腕が振れなくなり

腕を強く振ろうと力みが生じてしまい

体の開きが早くなってしまいます。

 

そこから失点してしまい、

監督からの信頼を失ってしまう。

 

そうすると

結果他の投手にマウンドに譲る形となってしまいます。

 

そのような時に

2つの修正方法をご紹介します。

 

一つはグラブの使い方です。

投球動作の体重移動するときに

グラブを前に出すと思います。

 

その時、いつもより、

親指を下にして内側に捻ってください。

すると、肩の開きが抑えれると思います。

 

今試してみてください。

どうですか?

 

肩が内側に入りますよね?

開きは肩、つまり

胸の位置が早くバッタ方向を向いてしまうのです。

 

肩の開きを抑えることで

リリースが安定しやすくなります。

 

もう一つはステップ幅を半歩小さくしてみてください。

 

疲れが出てくると

踏み出し足の踏ん張りがきかなくなり

いつも離せているリリースポイントより

早くなってしまいボールが抜けてしまいます。

 

半歩短くするだけで

踏ん張る感覚が出てくるはずです!!

 

一度ぜひ、実践してみてください!

 

あなた合えば、こういったことも

今後、試合での自信の一つになるでしょう。

 

 

personal3

 

 

 

体験