大川 画像こんにちは!

BASEBALL ONE

豊川フィールド

大川学史です。

 

 

バッティングで

インパクトの瞬間は

強く、一番力が入る形に

したいものです。

 

100%の力を発揮しようとするとき

「脇が開いてはいけない!」

ということはご存知の選手が

多いのではないでしょうか?

 

「脇をしめて!」

「脇を開けるな!」

と指導される方も少なくありません。

 

そこで矯正するために

脇にタオルなどをはさんでスイングする

練習方法があります。

 

私たちが小学生の頃は

この練習方法が広まっていました。

私も小学生のころやりました。

 

しかし!

例え、タオルを脇に挟み

脇が開かないように

スイングができるようになっても

ある部分が

○○○の形をしていると

結局脇が開いてしまうものです。

 

 

ある部分とはどこかわかりますか?

 

ここに気付くことができれば!

この部分を修正することで

脇も開かなくなります。

 

 

どうでしょうか・・・?

 

 

 

 

 

 

 

 

ある部分とは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引手の手首です!

右バッターなら左手。

左バッターなら右手。

 

この手首がおれた形だと

脇が開いてしまいます。

※このおれるとは手首が下を向いて

曲げた形のことを言います。

手首がおれる

 

 

しかも!

このタオルをはさむ練習ですが

グリップを出す方向を一歩間違うと

腹切りスイングになってしまいます。

 

そして、実際には打つことがないゾーンで

インパクトを迎えることになります。

 

つまり、

スイングを速く、強くするために

脇が開かないように!と

取り組んだはずの練習が

間違って取り組んでしまうと

逆に遅く、力が入らないスイングに

なってしまう可能性もあります。

 

 

世の中には様々な練習方法があります。

様々な練習方法から

自分のスイング、フォームと照らし合して

今!あなたには何が必要かしっかり選択し

レベルアップへと繋げていってほしいと思います。

 

PS

決して脇にタオルを挟む練習がダメ!と

言っているわけではありません。

あなたに今の状態に合う練習方法を

正しく選択していけるようになって欲しいと思います。

 

 

能力