こんにちは!

BASEBALL ONE
大崎裕司です!

 

前回、
盗塁のポイントについて
3つ紹介しましたが

紹介した3つが
完璧にできたからといって
盗塁が必ず成功するかというと
そうではありません。

 

・ピッチャーのクイックが早い
・バッテリーの警戒心が強い
・キャッチャーが強肩である
・そもそも自分自身の足があまり速くない
等々

 

その状況によって
不安要素が出てくるはずです。

 

また、前回お伝えした
3つのポイントを練習していても
なかなか自分のモノになってこない
という選手もいるかと思います。

 

不安要素を多く持っていたり、
スタート等に自信がない選手は
なかなか盗塁を試みることが
できないと思いますが、

足が速くない選手でも
スタートが遅い選手でも
関係なくできる
盗塁の方法もあります。

 

それが
「ディレードスチール」です。

 

ディレードスチールは
普通の盗塁と違って

「タイミング」
上手く利用して走る
盗塁となります。

 

今回はディレードスチールを
成功させる為のコツについて
紹介していきます。

 

 

ディデレードスチールは
先ほどもお伝えした通り
「タイミング」が
キーワードとなります。

どのタイミングで走ると
成功する確率が上がるのか
疑問に思っている方も
多いのではないでしょうか?

 

僕がよく受ける質問は

「どの瞬間にスタートを切るのですか?」

「スタートのタイミングが
   合わないのですがどうすればいいですか?」

という内容が多いです。

 

多くの方は
どこに合わせてスタートを切るのか?
ということを気にされています。

 

もちろん質問頂く内容も
大切なポイントなのですが、

1番押さえておきたいポイントは
『相手チームが隙をみせるタイミング』
でスタートを切ることです。

 

このタイミングで
スタートを切ることで
成功する確率がグッとあがります。

 

その為に見るポイント
というには複数ありますし、

毎回同じポイントを
見るのではなく、

相手チームの
キャッチャーや
野手の動きなどを
トータルに見る中で
タイミングを見つけます。

キャッチャーの
キャッチングの仕方なのか、

内野手の動き方なのか、

内野手のポジショニングなのか、

キャッチャーのピッチャー
への返球動作なのか、

バッターが左打者で
死角になっていないか、
などなど

相手のスキが
どこにあるのかを
見つけることで
スタートのタイミングが
わかってくるはずです!

 

このタイミングを
掴むことができれば
足が速くなくても、
スタートが遅い選手でも
盗塁を成功させることができます!

 

是非、参考にして見てください!