こんにちは!

BASEBALL ONE
大川学史です。

 

ピッチングフォームで
グローブが下に
流れてしまったり

グローブが
使えていない状態がよくない
ということはご存知かと思います。

こうしたことから
「グラブを引きなさい!」
このようなアドバイスが
されることが多いのですが

“ただ引く”だけでは
開きが早くなってしまったり
腕のスイングが
減速してしまうことが
あるので注意が必要です。

 

このグローブですが
下に流れたりして
使えていないからといって
無理に矯正しても
意味がありません。

 

大切なのは
『グラブを引くタイミング』です。

 

あなたは
グローブを引くことばかり考え
グラブを引くタイミングについて
考えたことはあるでしょうか?

 

このグローブを引く
タイミングで重要となるのが

前足が着地した状態から
下半身、体幹と順番に回転を
行ってきたタイミングで
グローブを引くことが
大切となります。

 

思うような腕の
スイングができない選手は
この引くタイミングが早く
力をフルに使えていない
可能性があるのです。

 

そこで!!!
このグローブの使い方を
習得するために
ヒントにしていただきたいのが

『バレーボール』です。

あなたはバレーボールを
行ったことはあるでしょうか?

 

バレーのスパイクの動作と
投球動作はとても似ています。

 

このスパイクから
グローブの引くタイミングの
ヒントを得ていただきたいのです!!

 

バレーのスパイクを打つとき
右利きの選手であれば
左手を胸や脇のところに
置いた状態のまま
トップを作りません。

 

左手を上に向けたり
スパイクを打つ方向に
向けたりします。

 

ジャンプ中に体幹をひねり回転動作から
腕をスイングしなければいけないので

腕を引くタイミングが
ずれてしまえば
バランスが取れないため
強いスパイクを
打つことができません。

 

これは投球動作でも
同様なのです。

 

投球動作は
ジャンプ中ではないので
この引くタイミングが
多少ずれてもバランスを
取ることができます。

 

しかしこれはただ
安定しているように
見えるだけで力をフルに
発揮できていないのです。

 

これでは何も意味がありません。

 

もし!あなたがグローブを
うまく使えていないのであれば
バレーのスパイクを
行ってみてはいかがでしょうか?

 

そこから
野球ボールに変えて
バレーのスパイクのように
ジャンプしてボールを
投げてみてください。

 

そして
その体幹のひねり動作と
グローブの引くタイミングを確認し
実際にピッチングを行うことで

グローブを引くタイミングを
習得できたりするものですよ!

ぜひ
練習方法の一つとして
ご参考にしてみてくださいね!!

 

リリース時に肘が下がってしまう
選手にもオススメですので
ぜひ、取り組んでみてくださいね!