こんにちは!

BASEBALL ONE

ベースボールアナライザー

 スクリーンショット 2014-05-19 13.17.31

西村昌太朗です。

 

 

無事に最終日を迎えました。

BASEBALL ONE

SUMMER CAMP

-打撃強化-

 

1日目 目標設定

2日目 変化球の考え方

3日目 タイミング 配球の読み方

 

という打撃セミナーを

3本行わせていただきました。

 

このセミナーでも

お伝えしたのですが

野球というスポーツは

 

技術とその技術を使う為の

「考え方」が大切。

 

いくら技術があっても

その使い方、なぜそれを使うのか?

なぜその方法なのか?を

選手自身が分かっていなければ

その技術が半減してしまいます。

 

BASEBALL ONEのこうした

キャンプの特徴の1つでもありますが

セミナーを行う理由はここにあります!

 

「うちの子はそんなの理解できない」

という方が稀にいらっしゃいますが

そうしたお話を聞き続けなければ

そもそもの理解力自体も向上していきません。

 

今回参加してくれたメンバーの多くが

「考え方が変わった!」

「なんで監督、コーチがそうやって

言ってくるのか分かった!」

「上から叩けがなんでダメなのかが

やっと分かりました!」

「僕の考えでは打てない事が分かった」

 

という選手自身の気づき

「考え方の革命」がおきました。

 

このキャンプでの

総スイング数は3日間

平均で2000スイングを超えました。

 

実際に打撃投手が投げるメニューも

ありましたが彼らが取組んだ

15種類のティバッティングも効果を

発揮してくれました。

 

いくら15種類あっても

「なぜこのメニューなのか?」

「なにに効果があるのか?」が

選手自身が分かっていなければ

全く意味がありません。

 

「技術」と「考え方」

「量」と「質」など

様々な要因が重なり合うことで

 

レベルアップというのは

目に見えてできるようになります。

 

初日と最終日の自分のフォームを

比較した選手達全員が

その変わっていた

自分のフォームに驚いていました。

 

今回参加したメンバーは

小中学生限定。

彼らが2000スイングをするというのは

並大抵のことではありません。

 

ダラダラとやれば悪くなる

リスクもありえます。

しかしそうではなく。

 

セミナーも交え

その練習の意味

打撃の奥深さを頭でも

理解する事で!

 

改善!修正!レベルアップへと

繋がっていったのです。

 

「セミナー」というと

敷居が高く感じるかもしれませんが

この時間が更に!

レベルアップへの階段を

短くしてくれる強力なツールになります。

 

練習だけではなく

頭を使い!考える!

この時間を練習の中で取り入れる事で

レベルアップもでき、練習量も

確保できるという事を

選手達自身が誰よりも感じてくれた事でしょう。

 

BASEBALL ONE

SUMMER CAMP

 

ご参加いただいたメンバーの

皆様お疲れさまでした。

 

そして

本気の時間をご一緒させていただき

ありがとうございました。

 

PS

このキャンプにどうしても

参加できなかったあなたは

この「個人指導」による

短期合宿のご利用をオススメします。

詳細はコチラ▽