大川 画像こんにちは!

BASEBALL ONE

豊川フィールド

大川学史です。

 

 

野球をしている小・中学生の子供の多くが

「プロ野球選手になりたい」

夢を持ちプレーしているものです。

 

あなたもその一人ではないでしょうか?

 

しかし、歳月が過ぎ、

レベルが上がるにつれて

だんだんその思いは薄れ、

自分の可能性を自ら閉ざし

夢は夢のままに終わってしまうことが大半です。

 

野球を始めた頃はというと

たいした練習をしなくても

上達の度合いも大きく、

たくさんの人にも褒められ、

楽しくて仕方ないものです。

 

しかし、ある程度上達してくると

伸び幅をあまり実感できずに

『壁』にぶち当たり、

失敗への恐怖心やプレッシャー、

指導者からの重圧などにより

楽しさも半減してしまいます。

 

だれもがこう感じることが訪れます。

 

テレビで活躍している

プロ野球選手も皆そういった経験を

乗り越えているからこそ!

あのように華やかでかっこよくみえるのです。

 

しかし、スポットライトを浴びている部分しか

なかなか目にすることがないので

私たちは錯覚しやすくなってしまいます。

 

彼ら、プロ野球選手たちは

皆、エリートで、たいした努力もせず

あのように輝いているのでしょうか?

 

違いますよね。

 

様々な壁を乗り越え、

血のにじむ努力をしているのです。

 

高校時代、控えだった選手も

プロ野球選手にたくさんいます。

 

しかし、あきらめずに

取り組んだからこそ輝いているのです。

 

それでも必ずなれるとは限りません。

あなたが目指している場所は

そういうところなのです。

 

そんな狭き門を目指している

あなたが今のままの努力の仕方で

なれるのか?ということです。

 

どうでしょうか?

 

嫌なことから逃げていませんか?

 

自分の嫌いなランニングから

何かと言い訳をつけて逃げていませんか?

 

時間がないなどと言って、

何もしない日などありませんか?

 

もう一度!

夢が夢で終わらないために!

スイッチを入れて取り組みませんか?

 

 

体験