こんにちは!

BASEBALL ONE
西村直樹です!

 

「どんなピッチャーになりたいですか?」

ピッチャーをしている選手には、
必ずと言っていいほど
質問されると思います。

 

「速い球を投げるピッチャー」
「コントロールの良いピッチャー」
「多彩な変化球を投げるピッチャー」

1番イメージしやすいピッチャー像は、
この3つではないでしょうか?

 

甲子園やプロ野球を観ていても、
このようなピッチャーに目がいきます。

自分もこんなピッチャーになって
試合で活躍したいと考えながら
練習に取り組んでいると思います。

 

では、3つの中の質問の中で、
もう一つ質問します。

「どのような練習をしたら速い球を
   投げられるようになると思いますか?」

あなたならどう答えますか?

 

多くの選手が練習の中でも
悩む事だと思います。

 

速い球を投げられるようになるには、
「投げるために必要な力」
を正しく理解する必要があります。

 

力といっても、
ただ筋力トレーニングをたくさんすれば
投げられるのとは少し違います。

 

大きく分けると、
「上半身の力」
「下半身の力」
「体の回転力」
となります。

 

1つでも欠けてしまうと、
なかなか思うように
投げることができません。

 

バランス良く
強くしていくことが
とても大事です。

 

その中でも今回は、
「体の回転力」の強化に
オススメの練習方法
お話ししたいと思います。

体の回転力で
大きく関わってくるものが、
「体幹」になります。

 

字のごとく、体の幹になる為、
下半身の力と上半身の力を連動させ、
ボールに力を伝達する為に
必要な部分になります。

 

しかし、体幹をただ鍛えるだけではなく、
より球速アップに繋げる為には、
「回転するための瞬発力の強化」
を併せて強化することが大事です。

 

体幹を鍛えつつ、回転の速さを
プラスした練習を取り入れることで、
ピッチャーの動きに合うようになります。

① 一本の棒を肩に乗せ、
スクワットの形をとります。
その際、つま先が開きすぎない様に
注意します。

② 棒を平行に保ちながら上半身を
右に回旋させます。

回旋させる際気をつけるポイントは
ⅰ.つま先が外に開かない
ⅱ.回旋方向と逆の足の太ももの
    内側に力を入れ、壁を作る
ⅲ.顔は正面のまま
の3点を注意します。

③②を意識して逆に回旋します。

 

上記のメニューで
10回×5セットを目安に
行なってください。

回旋は速く行い、
右から左への切り替えを
意識して行うと、
投球動作における、

「下半身から上半身への
エネルギー
伝達に必要な
体幹の強化」

ができます。

 

筋力トレーニングで
筋力をつける事はもちろんですが、
その力を素早く伝達させる事で
エネルギー量が増します。

 

ぜひ、参考にしていただき
練習に取り組んでください!