こんにちは。
アスレティックトレーナー
阿部将大です!

 

スポーツにおいては怪我がつきものです。

 

これはいくら注意をしていても
怪我のリスクが0%になる
ということはありません。

 

もちろん野球でも同様のことが言えます。

 

野球選手として致命傷とも
なってしまう肩・肘においても
怪我のリスクが0%になることはないのです。

 

どうしたら怪我をしないか?
疑問を持つ選手も多いかと思いますが

その答えは
「野球をしないこと」です。

 

野球をやることがそもそも
怪我と隣り合わせにいる
ということなのです。

 

怪我を恐れていては
野球もできなくなってしまいます。

 

大切なことは
・怪我の可能性を低くしていくこと
・怪我からの復帰を早くしていくこと
この2つなのです。

 

今回は怪我をしてしまった時に
どのように早く復帰していくか?
また早期復帰していく選手の
共通点について紹介していきます。

まずは
早く復帰していくために
ということですが

怪我の状態を知る
ということが大切になります。

 

どのような怪我
なぜその怪我が起きてしまったのか?

怪我を知ることで
復帰していくために
必要なことが何かを
知ることもできるのです。

 

そのポイントが
早期復帰にも重要であり
再発予防にも繋がっていくのです。

 

また復帰していく中でも
早く復帰できる選手と
怪我が長引いてしまう選手に
分かれてしまうのです。

 

早期復帰できる選手の共通点としては
『体の変化に敏感なこと』
『目標を持って取り組むこと』
『体への意識が高い』
というような共通点があります。

ichi

特に怪我から復帰していく上では
目標が大切となります。

 

目標がなければ復帰に向けても
早く進んでいかないですし
復帰までの期間がどんどんと
伸びてしまうのです。

 

怪我から早く復帰していくためにも
目標とする試合や時期を設定し
その目標に向かっていくことで
復帰に向けて進めていけます。

 

また体の変化に
敏感ということも
必要なポイントです。

 

今、自分の体が
どのような状態にあるのか?

ということも
変化を感じることができれば
理解しやすくなっていくのです。

 

あくまでも
怪我からの復帰をしていく上では

最終的に自分が
どのように判断をしていくか?
ということです。

 

復帰できるのか?
できないのか?
ということは自分の判断も
必要となっていくのです。

怪我をしてしまっても
その後が大切です。

 

パフォーマンスが戻らない選手
など野球におけるケガの
ご相談も受け付けておりますので
i-care@bb-one.jp まで
お気軽にご相談ください!