こんにちは!

BASEBALL ONE
大崎裕司です!

 

今回は
『3塁ライナーのゴロゴー』
について紹介していきます。

 

3塁ランナーのゴロゴーというと
とても判断が難しいところですよね。

「三塁ランナー」の画像検索結果

ギャンブルスタートを切るにしても
ライナーやフライは
帰塁しなければいけません。

 

ベンチから
「ライナーバックだぞ!」
と、いくら言われていても

ゴロゴーが頭にあると
1歩目はどうしても本塁方向に
踏み出してしまうものです。

 

僕も学生時代は

「インパクトの瞬間に集中して
 ボールの上を叩くか、下をこするか、
 それとも芯で捉えたかを見極め、
 ゴロ・ライナー・フライの判断をしなさい」

と、教えられ実践してきましたが
どこまでできていたかというと
なかなか判断が難しいところもありました。

 

3塁ランナーのゴロゴーの判断は
本当に難しいところですよね。

そこで!

今回はゴロゴーの判断基準を
自分自身でつくる方法を紹介します。

 

それは、、、、、
『ヘルメットのツバをうまく活用する事』です。

 

具体的にお伝えすると
まず、ヘルメットのツバの線に
目線を合わせます。

 

そこから
インパクトを迎えた時に

目線より上に飛んで
打球が視界から消えれば
ライナー・フライ、
下に飛べばゴロ、というように
打球の見極めとして
ヘルメットのツバを利用するのです。

このように
自分自身の中で
基準をもっておくことで
1歩目のスタートを
迷う事なく切る事ができます。

 

ライナーでゲッツーになることが
頭をよぎって1歩目がうまくきれない、、、

ゴロゴーを意識しずぎるあまり
ライナーバックがうまくできない、、、

という選手は、
是非、1度試してみて下さい!