こんにちは。

BASEBALL ONE
上之薗 北都です。

 

あなたは自分自身のフォームを
チェックすることはありますか?

 

プロ野球選手であっても
毎試合後に確認したり
打者であれば
毎打席スコアボードに映る
自分の打席のリプレイを確認しています。

 

現在では、スマホで
動画を撮影し確認することが
簡単にできるようになってきています。

そこで、今回は
スマホで投球フォームをチェックする際に
チェックするポイントについてお伝えします。

 

まず!
撮影したフォーム動画を見る前に
行っていただきたいことが

自分自身のフォームを
イメージで良いので
頭に思い浮かべることです。

それも第三者の目線で
思い浮かべることで

投球フォームを見ていくときに
チェックしやすくなっていきます。

 

その際に、普段
指導者の方に指導されている
または意識しているポイント
についても思い浮かべておきましょう。

 

この作業をしないで
投球フォームを見ても

何をどのように見ていいのかわからず
何も感じない状態になってしまいます。

 

ここから投球フォームを見ていくのですが
まずは頭のイメージと実際の動作での
違いがあるかを確認していきます。

ここでの差が
「言われているけどできていない」
「意識だけで改善できていない」
ポイントになります。

 

まずはここをチェックしてください。

メルマガ

この次に確認していきたいポイントが
前足をステップして着地する瞬間です。

 

この一コマで
確認していけるポイントが
いくつかあります。

 

・トップ時の肘の高さ
・頭の突っ込み
・体の開き
です。

 

まず、トップ時の肘の高さですが
前足の着地時に両肩のラインまで
上がってくることが
一つの目安になります。

 

2つ目の頭の突っ込みでは

上半身が地面に対して
垂直であれば突っ込んでいない。

それよりもキャッチャー側に
傾いていれば突っ込んでいる。

と判断できます。

 

3つ目の体の開きは

開きといっても
上半身、腰、膝など
いくつかありますが

この前足の着地時は一つの
チェックポイントとして
確認していきたい
ポイントとなります。

 

今回、お伝えしたポイントは
フォームを確認していく上での
一つの目安になっていきます。

 

その中で、
頭の中のイメージと
実際の動作との差異を
確認していくことは
一番最初に確認していくように
していきましょう。