こんにちは!

BASEBALL ONE
西村直樹です!

 

ボールを投げる時に
何を意識して取り組んでいますか?

 

・腕を強く振る
・回転を速くする
と様々なことを考えながら
ピッチングを行っていると思いますが、
ボールを強く投げる中で入口となることが、

「体重を移動させる」

ということです。

 

軸足でためた力を
ステップ足に移動させることで
ボールに強い力を
伝えることができます。

 

この動作がスムーズに行えなければ、
上半身のみの力になってしまい、
肩や肘の故障にもつながってしまいます。

 

一言に体重移動をすると言っても、
実際に取り組んでみて

「どこを意識すれば良いのか」
「どうなれば正解なのか」

と疑問も多く出てくると思います。

 

体重移動を理解して動くことが
とても大切になります。

 

そこで今回は、
「どのような練習が良いのか」
説明していきます!

体重移動をスムーズに
行う為に必要なことは、

「股関節」

をしっかりと
動かすことが大切になります。

 

ステップ足を上げた状態から
ただキャッチャー側に
倒れてしまうだけでは、
軸足にためた力を
移動させることができません。

 

股関節を意識した練習を入れると
体重移動を身につける事につながります。

 

その為に必要な練習方法を
一つ
ご紹介したいと思います。

 

メディシンボールを使用した
練習方法になります。

① 投球フォームの中の
「右足に体重を残しステップ足を着地」
した状態で構えます。

ボールの位置は軸足の真上に持ちます。

② その状態から上半身は固定のまま、
軸足の股関節に乗せている体重を
ステップ足に移動させます。

併せて、軸足の内側を地面に
押し付けるイメージを持っていただくと
力が抜けない様になります。

③ 軸足を回転させ、上半身のボールを
フォロースルーの状態まで移動させます。

ステップ足の膝が開かない事、
軸足が回りすぎない様に注意します。

 

以上の動きを
ゆっくり10×3〜5セット、
スピードを上げて10×3〜5セット
行います。

 

ゆっくり・速くと合わせる事で、
正確に強く力を伝える事が
できるようになります。

 

体重移動は投げる・打つと
どちらにも必要となる
動作なので、常に意識をして
練習に取り組んでください!

 

スクリーンショット 2017-05-29 14.18.10