こんにちは!

BASEBALL ONE
好永貴雄です。

 

リリースの瞬間で
大事になってくるのが
手首の使い方です。

 

手首の使い方一つで
投げるボールは
大きく変わってきます。

 

下半身からの力を
指先まで伝えていくために
手首が抜けてしまうと
ボールに力を伝えることが
難しくなってきます。

 

手首が曲がった状態から
指先に力を入れようとすると

手首が指先まで
まっすぐになってくる形となり
手首が抜けていないということです。

 

手首が抜けて
投げてしまっている選手の特徴として

前でボールを放そうとしている選手
肘が上がらずにリリースしてしまう選手
コントロールを意識しすぎで腕が振れない選手

そういった選手に多く見られます。

手首が抜けてしまうと
スピードは出ませんが
コントロールはしやすくなります。

 

それは腕を振りきらずに
押し出すように投げるので
コントロールが
定まりやすくなってきます。

 

それは
ボールに角度をつけずに
目線の位置から
ボールを放していくので
投げやすくなるのです。

 

力のないボールは
コントロールが良くても
打ちやすくなります。

 

どんなにコントロールよく
投げることができても
打たれる可能性は
あるということです。

 

ですのでコントロールも
大事なのですが

キレのあるボールを
コンスタントに
投げることができるか
が大事なのです。

 

そのためには
下半身からの力を上半身、指先まで
しっかりと伝えていくようにしましょう。

 

下半身の使い方を覚えても
ボールのスピード、キレが
上がらない選手もいます。

 

腕を振った中で指先にまで
力を伝えるための手首の使い方
覚えていかなければなりません。

 

そのための練習方法は
動画で説明したいと思います。

練習動画はこちら↓↓↓