こんにちは。

BASEBALL ONE
吉田真人です。

 

「スナップスロー」

この動作が上手くいかないと
悩む選手も少なくありません。

 

実際のところ
やろうと思って簡単に
出来るものでもありません。

 

投げ方も選手1人1人違います。

 

つまり、スナップスローも
出来る選手、出来ない選手
1人1人違いがあります。

 

しかし!!
スナップスローが
出来ない選手には・・・
「共通点」があるのです。

 

その共通点とは?

 

こちらの動画から
見つけてみて下さい!

 

いかがでしたでしょうか?

 

2つの動画から見る
スナップスローが
出来ない選手の共通点が
お分り頂けましたか?

スナップスローと聞くと
よく手首をイメージする選手がいます。

 

「手首の動きさえ出来れば」
何て思っていませんか?

 

実はポイントは
手首では無いのです。

 

スナップスローを
行うにあたって
重要となるポイントは
「肘」なのです!

 

そしてその肘がどうなると
スナップスローが出来ないのか?

 

スナップスローを行う際
リリースへと動作を運んでいく中で
肘の動きが止まる必要があるのです。

 

動画でもありましたが
肘の動きが止まらずに
リリースへと運ばれている動作は
スナップスローが行えていません。

 

肝心なリリースの位置で
肘の位置が体の前に出過ぎてしまい
結果スナップスローが行えないのです。

 

スナップスローが出来ない選手には
「肘の動き」による共通点があります。