こんにちは!

BASEBALL ONE
大川学史です。

 

球速を上げていくためには
腕のスイングを速くすることが
大切となります。

 

そうは言うものの…

腕のスイングを
速くしようとして
“ただ”腕のみの力で
速く振ろうとしていても
腕のスイングはなかなか
加速していかないものです。

 

そして
この意識が力みにつながり
コントロールが乱れてしまう
原因になってしまい
故障のリスクも
高めてしまったりもします。

 

だからこそ!!
球速を上げていくためには

目的を明確にして上で
様々なトレーニングを取り組んだり
投球動作を効率良く行うために
フォーム修正を行います。

 

球速を上げていくために
大切となるのは

やはり!!!
「下半身」です。

 

ここで言う下半身とは
腕のスイングを速くする為の土台です。

 

腕を速くスイングしようとした時に
下半身がふらついて投球していては
腕のスイングは一向に速くなりません。

 

右投手であれば
右足に乗せた体重を左足で止めて、
その止めた勢いで体幹を回転することが
球速を上げる上で欠かせない
ポイントとなります。

 

あなたは
この前足をどのように使っていますか?

 

前足の膝が抜ける形で
投球を行なっていませんか?

 

股関節を支点にして
回転動作を行うことが
できていますか?

 

この前足をしっかりと
止めることができるようになることで
腕のスイングを加速させることが
できるようになっていきます。

この前足を止めるための
練習方法の一つをご紹介していますので
ぜひ、ご参考にしてください!

このように
投げ終わり時に前足一本で立ちます。

 

この時の注意点ですが
無理やり下半身に
力を入れた状態で立つのではなく

あくまでも自然に立てる位置で
立つようにしましょう。

 

この自然に立てるバランスは
力を発揮しやすいバランスでもあるので
この位置、タイミングを習得していき
取り組んでいくようにしてください!

 

ちなみに…

小・中学生の
ピッチャーに多くみられる傾向ですが

マウンドの使い方で

前足
(右投げは左足、左投げは右足)
をステップした際に
穴が空いた足場を
乾いた砂で埋めようと
する選手がいます。

 

これは砂場の上で
投げているようなものですよね。

 

これでは前足が安定しないので
球速が出ないだけでなく
コントロールさえも安定しません。

 

マウンドでは
前足がしっかり固定し、
安定する足場を作ることを
欠かさずに行ってください。