こんにちは

BASEBALL ONE
亀浦 俊一です。

 

バッティング練習では
自分の思い通りの
バッティングが出来ているが

試合になると
なかなか思い通りに
バッティングが出来ない…

そんな悩みを
抱えている選手は
多くいるのではないでしょうか?

 

その多くの選手が
変化球の対応に
苦戦していると思います。

 

勿論、投手はヒットの確率を
少しでも下げるために変化球や
投球フォームによって
タイミングを外してきます。

 

タイミングを合わせ変化球に
どれだけ対応できるかで
その選手の打率が
大きく変わってきます。

 

ではどのように変化球に
対応すれば良いのか
今回は紹介していきたいと思います!

 

変化球を打つときに大切なのが
グリップが残っているかどうか!

画像のようにグリップが
踏み込み足と同時に出てしまうと
上体も突っ込んでしまい
回転動作が踏み込み足の着地と同時に
始まってしまうのでタイミングを
合わせることが出来ません!

また、変化球に対して
ダウンスイングになっていると
ボールの軌道にバットの軌道が
合わないので変化球を
打つのは難しくなります。

 

変化球を打つためには
・グリップの位置
・バットの軌道
この2点がポイントとなります。

 

この2点が出来ていれば
下半身が泳いだとしても
上半身が残っているので
スイングをする事は出来ます。

あくまでもこのポイントは
ほんの一例です。

この2点が出来ていれば
必ず打てるというもの
ではありません。

変化球を打つためには
多くの要素が組み合わさり
それらが出来て変化球が
打てるようになるのです。

 

そして
変化球というのは
見極めが大切です。

 

カウントを取るために
変化球を投げてくるのか

三振を取るために
変化球を投げてくるのか

ピッチャーや
キャッチャーの配球まで
考える事が出来れば

変化球の見極めや
配球を読むことが出来るので
変化球への対応も
出来るようになります。

 

変化球への対応が苦手な選手は
是非参考にしてみて下さい。