こんにちは。

BASEBALL ONE
上之薗 北都です。

 

日頃のご自宅で行う
自主練習を
お母さんの方が
見ているということも
多くあると思います。

 

そこで、今回は
野球経験のないお母さんでもわかる
ご自宅での素振りのチェックポイントを
5つお伝えしていきたいと思います。

 

1,目線
2,どこを振っているか
3,ステップ幅
4,ステップの方向
5,振り終わりがふらついていないか
この5つのポイントです。

 

この5つのポイントについて
1つずつ説明していきたいと思います。

 

まず1つ目のポイント、
目線についてです。

素振りをしていくなかで、
ボールが当たるところだけを
見ている選手というのは
非常に多くいます。

 

そうなってしまうと
目線が落ちすぎてしまい
実際に前から投げられた球を見ている時とは
異なる目線で素振りをしてしまっています。

 

ですので
素振りのときからピッチャーの方向を見て
目線を上げてから素振りをするということを
チェックしていただきたいです。

 

次に2つ目のポイント、
どこを振っているかについてです。

1つ目のポイント、目線のときにも
お伝えしたことではあるのですが、
実際に前から投げられた球が来る
ストライクゾーンをスイングしているか
確認していきます。

 

ストライクゾーンの中でも
コース、高さを想定して
素振りを行っていくように
お子様の素振りを
チェックしていってください。

3つ目と4つ目のポイントは
ステップについてです。

ステップ幅、ステップ方向ともに
毎スイングごとに違っていては
常に強いスイングをすることはできません。

 

ボールに対応していくためにも
まずは、幅、方向を
安定させていくことが重要です。

 

お子様のステップ幅を把握し
チェックしていくと
スイングに何か
変化があったのかも
気づいていくことができます。

 

方向についても、
オープンスタンスになりやすいのか
クロススタンスになりやすいのかも
チェックするときに確認していきたい
ポイントになります。

 

最後は、
振り終わりがふらついていないか
ということです。

どれだけ強くスイングしても
振り終わりがふらついてしまうと
力は逃げてしまっています。

 

プロ野球選手などが
フルスイングして
バランスを崩す
というのを見たことがある方も
いるとは思いますが
ボールに対応していっているため
バランスを崩してしまっています。

 

素振りの段階では
振り終わりがふらつかないように
チェックしていきましょう。

 

今回、お伝えさせていただいた
5つのチェックポイントを参考に
お子様の自主練習をサポートし
より速いレベルアップに
繋げていってください。