こんにちは!

BASEBALL ONE
西村直樹です!

 

今まで色々な
選手たちが悩みを抱え、
BASEBALL ONEへ
足を運んでいただきました。

 

その中でも
最も多くある悩みが、
「ボールに力がない」
でした。

 

多くの選手が、
速く強いボールを投げたいと
思う中、話を聞いてみると、

「ボールを前で離さないといけない」
「ストライクを投げないといけない」

と考えていました。

 

投球フォームを見てみると、
トップを作ってからリリースを始める時に、
肘を意識するあまり肘が前に抜け、
力がボールへ伝わっていませんでした。

 

前で離すということを、

「腕を使って前で離す」

ということであると、
どの選手でも考えてしまうことです。

 

ですが、
下半身から回旋を始め、

上半身までしっかりと
連動をすることで
自然と腕は出てきます。

 

肘を前に出すのではなく、
肩を回旋する意識が
必要になります。

 

しかし本当に必要なのは、

「肩甲骨を意識する
ことにより前で離れた」

ということが大事です。

多くの選手が
このような話を聞くと驚きますが、
実際にトレーニングを入れて
動かしてみると納得の表情をします。

 

今まで指にかかる感覚がなかった選手、
しなりを感じれなかった選手も、
力強くボールを投げることが
できるようになりました。

 

では、どのような練習を
取り入れたことで
変化したのでしょうか?

 

練習の中の一つを
ご紹介したいと思います。

 

この練習方法は、
右ピッチャーは三塁牽制、
左ピッチャーは一塁牽制をする
フォームを基本とします。

 

その中でリリースの瞬間に
軸足を前に蹴り出します。

 

そうすることで、
肘が抜けることがなく、
リリースする感覚が身につきます。

 

▼詳しくは動画をご覧ください▼

ぜひ参考にしていただき、
強いボールを投げる感覚が
身につくように
取り組んでみてください。