こんにちは!

BASEBALL ONE
好永貴雄です。

 

投手であれば
ボールのスピードを
速くしたいと思うますよね?

 

僕もその一人でした。

しかしどうしたら速いボールを
投げれるのか当時は全く
分かりませんでした。

 

どんなトレーニングをしたらいいのか
どんな投げ方をしたらいいのか

スピードは上がらず
高校に入学するときは
120キロも出ない投手でした。

 

しかし、その中で
どのようにしたら
ストレートを活かすこと
できるのかを考えながら
投球をしていました。

 

ストレートを速く
見せることができれば
120キロでも三振が取れる!!

 

そのために2つのことを
習得しようと取り組みました。

 

まず一つ目は
緩急をつけてストレートを
速く見せるということです。

 

ストレートが120キロで
カーブが90キロであれば
30キロのスピード差を
生むことができます!!

 

90キロのボールを見せた後に
120キロのボールを投げると
打者はタイミングを取りづらく
振り遅れてしまうことがあります。

 

しかし、投球フォームが
遅くなったボールの時は
腕の振りがゆっくりだと
投げる前にわかってしまうので
そのあとのストレートの時に
腕を振って投げても
準備ができるので
対応させてしまいます。

 

いかに速いボールと遅いボールを
投げる時に同じ腕の振りができるかが
緩急を生むためにはポイント
なってきます。

そして二つ目は
球の出所の分からずらい
フォームにすることです。

 

スピードが出なかったので
このフォームのことを
一番意識していました。

 

どのようにしたら打者に
見にくくなるのか・・・

まずはテイクバックで
トップを作るまでの動きで
体のラインに隠す腕の使い方を
鏡を見て何度も確認しました。

トップからリリースに入っていく時は
頭の後ろにボールを隠して
体を回転させるようにしました。

いきなりボールが出てくるようにすれば
打者はタイミングが取りづらく
120キロでも速く見えると信じ

誰に正面から見てもらっても
ボールの位置を確認できない
フォームを覚えました。

 

それからはストレートで
勝負ができるようになりました。

ストレートがズバ抜けて
速くなくても速く見せるようにする。

 

ボールのスピードを
上げることができなくても
速く見せることは
努力次第で可能です。

 

同じ動きを何度も繰り返し
体が自然とその動きが
できるまで繰り返す。

 

自分だけの感覚でなく
キャッチャーにも
投球の時に見てもらう。

 

自分の投球を見直し
スピードが出ないからと思わず
できることを探してみましょう。

 

スクリーンショット 2017-05-29 14.18.10