こんにちは。

BASEBALL ONE
上之薗 北都です。

 

エースと言われる
投手の条件の一つとして
安定感というものが挙げられます。

 

この安定感とは、
試合を通して崩れない投手

言い換えると
コントロールの良い投手
ということになります。

 

現在
サポートしている選手や
オンライン解析で
サポートしている選手
のなかにも
コントロールがばらつくという
悩みを持っている選手は多くいます。

 

そこで今回は、
コントロールが悪くなる原因
改善のための練習方法
についてお伝えしていきます。

まず!コントロールが
悪くなってしまう投手というのは、
1球1球のフォームが変わってしまうことで
コントロールが乱れてしまう選手
というのが多くいます。

 

やはり!
フォームがバラついてしまうと
コントロールもバラつき
やすくなってしまいます。

 

その中でも、
足を上げて1本足で立ってから
ステップしていくときに
動作がバラついてしまう選手が
多いように感じます。

 

このステップ時というのは軸足のみで
体を支えている状態になるのですが
このときの軸足の使い方で
コントロールは大きく変わってきます。

 

軸足の膝が伸びたままになっていたり
逆に曲がりすぎてしまっていたり
下方向に折れてしまっていたりすると
適切なポジションでの動作ができないため
安定した動作は難しくなります。

 

そこで、
取り組んでいっていただきたいのが
サイドステップしてから投げる
という練習方法です。

 

平坦な場所でキャッチボールの中で
行なっていっていただきたいのですが
投げる相手と反対の方向にサイドステップし
軸足で止まってから前に
ステップしていき投げるという練習です。

 

サイドステップから
方向転換しようとしたときに
軸足の受け方が悪いと
体が流れてしまったり
ステップするときに
突っ込んでしまったりします。

 

こうならないように
軸足の股関節で体重を受け止め
コントロールし方向転換し
投げていくことで、投球していく際の
軸足のポジションと
動作を安定させていくことができます。

 

この練習方法を動画でも行なっているので
ぜひ見て、参考にしてみてください。