こんにちは。

BASEBALL ONE
吉田真人です。

 

「構え」

その「構え」とは
いわゆる『備え』。

 

つまりプレーを行うにあたって
『備え』が出来ているからこそ
構えが存在するのです。

 

ただ単に構えるのでは
いけないと言うことです。

 

目の前に起きる出来事に
対応していくには

構えが大事。

備えが大事。

 

これは
キャッチャーの構えでも
同じことが言えます。

 

サインで球種やコースは決めるものの
最終的に投げ込まれるボールが
どこに来るのかは分かりません。

 

そのボールに対し
しっかり対応していく為に
構えは欠かせません。

 

投げ込まれるボールを
受け取る為にどう構えるのか?

そこで今回は…

少年野球選手のキャッチャーに
多く見られる構え方
それに対する正しい構え方
お伝えしていきます。

 

少年野球選手のキャッチャーに
多く見られる構えが
地面に対して上体が垂直に
なってしまっている事です。

 

つまり上体が起き過ぎた形で
構えてしまっていることになります。

 

それではボールに対して
上から見る状態となってしまうので
キャッチングの際に
ミットが落ちてしまう
原因にも繋がってしまいます。

 

上体が地面に対し垂直なると
受け身の姿勢にもなり
自らボールに対して
入っていく形が
作れなくなるのです。

 

それによって思ったよりも
距離の誤差が生じたりと
キャッチングに支障が出るのです。

 

では、どうすれば良いのか…

それは「前かがみ」です。

 

地面に対し
平行とまではいかなくとも
上体を傾けて「前かがみ」
構えていくのです。

 

これによって自然と目線も落ち
ボールを後ろから見ることが可能となり
ボールの変化にも対応していけるのです。

 

どのように投げ込まれて来るのか
分からないボールに対応する上で
上体の姿勢は重要なのです。

 

そしてその姿勢が
前かがみなのです。

 

動画はこちらから↓↓↓

 

キャッチャーセミナー