こんにちは!

BASEBALL ONE
大川学史です。

 

ピッチャーにとって
初球を簡単に
ストライクが取れるかどうか?

ということは
とても重要となります。

 

初球でボール球が多ければ
カウントも不利になりやすく
野手も守りにくかったりするものです。

 

そうは言うものの、、、

ピッチャーを
経験している方であれば
共感いただけると思いますが
ストライクを取ることは
簡単にできるものでは
ありませんよね。

 

守っている選手やベンチからは

「ストライクでいいよ!」

「真ん中でいいから!」

「打たせればいいよ!」

そう声をかけられるものですが

ストライクを取りたくても取れないときは
どうすればいいかわからなくなるものです。

 

そこで!!!

あなたに
確認していただきたいことは、、、

バッターによって
ストライクゾーンを
変えていないか?

ということです。

身長が高い選手

身長が低い選手

右バッター

左バッター

それぞれ意識し
すぎているだけかもしれません。

 

どんな好打者と
言われるようなバッターだろうと
投球フォームを変える必要はありません。

 

それにもかかわらず

バッターが変わるごとに
バッターを意識しすぎてしまい

投球のタイミングが
ずれていることを
気づかない選手が
いたりするものです。

 

これでは
コントロールミスも起きてしまい
初球にストライクを取ることが
難しいですよね。

もし!!!

日頃から自分のタイミングを
大切にしてキャッチボールから
取り組んでいれば

初球でも苦にすることなく
自分のボールをどんどん
投げ込むことができるはずです。

 

バッターによって
意識しすぎているときは
この投球のタイミングに
ズレを感じることができます。

 

だからこそ!
レベルアップのために
キャッチボールが
大切となるのです。

 

キャッチボールから
タイミングをつかむためには

決して!
強く投げる必要はありません。

 

ゆっくり、山なりのボールでも
十分タイミングを掴むことができます。

 

もし

今のあなたの環境で
毎日キャッチボールができなければ
シャドーピッチングでも構いません。

 

タイミングにこだわって
練習を取り組んでいくことで
試合での些細なズレをすぐに
修正できるように
なっていくものですよ。

 

特に!
試合後はフォームの
バランスが崩れやすいものです。

 

テンポがいいピッチャーになるために!

リズムを作り出すことができる
ピッチャーになるために!

もう一度原点である
『キャッチボール』
大切にしてみて下さい。

あなたの
初球ストライク率が
どれくらいなのか?

 

知らないのであれば
スコアブックなどを見て
今年行われた試合から
データとして出してみては
いかがでしょうか?

 

こうしたデータは
あなたに最適な練習をするために
必要な方向性を見つけることが
できるようになっていくものですよ!

 

ぜひ、ご参考にしてください。