こんにちは!

BASEBALL ONE
西村直樹です!

 

オーバースローで
投球している皆さんは、

「横振りになっている」

と言われた事はありますか?

投げている選手としては
上から投げているつもりでも
周りから見てみると
腕が横に振られているように見え
コントロールが乱れてしまう
時があります。

 

では、この原因は何でしょうか?

それは、

「回転軸」
「下半身の開き」

にあります。

 

 

まず回転軸ですが
上の画像のように真っ直ぐのままで
回転してしまうと腕が横に振れてしまい
流れてしまうフォームになります。

 

ステップ足の股関節を支点にし、
回転を斜めにしていくことで
腕が縦に振られるようになります。

 

次に下半身の開きですが、上記に述べた
股関節と膝・つま先が開いてしまうと
支点が作れず、体が流れる事で
同じく腕が横に振られてしまいます。

 

回転軸を意識して、
下半身でしっかり止める事で
上半身が斜めに回転できる
ようになります。

この2点を意識して投球することで、
縦振りになり、コントロールの安定性、
力をボールに伝える事ができ
強く速いボールを投げられます。

投手に必要なことは、

「体全体を使い、力をボールに伝える」

事です。

腕だけで振ろうとしてしまうと
なかなか思った通りに
投げる事ができません。

体全体を使い、
横振りで力を逃がしてしまわないように、
フォームを作っていきましょう!

 

最後に練習方法を
載せていますので、
参考にしてください!

 

練習動画はこちら↓↓↓