こんにちは!

BASEBALL ONE
好永貴雄です。

 

キレのあるボールを投げていくために!

下半身の使い方を覚えていく
練習をしていく必要があります。

 

下半身の動きを頭で理解しても
いざ投球をしていく時に
下半身が使えないと
ボールに力を
伝えていくことができません。

 

そのために
ポイントの動きを理解し
動かせる形を体で覚えてから
実際に投球をしていくようにしましょう。

 

まずは軸足のタメです。

軸足に体重をタメる
という言葉は
よく耳にすると思うのですが

軸足のどの位置に体重が
乗っていればいいのか・・・

 

それは軸足の股関節に
体重が乗っているかです。

 

軸足の膝を曲げれば
体重が下に落ちて
軸足に体重が乗っていると
間違った認識をしている
選手もいます。

 

確かに体重を乗せようとした時に
膝が曲がってしまうのですが

膝を曲げて乗せようと
しているわけではなく
股関節を動かして
体重を乗せている為
膝を動かしている
わけではありません。

 

軸足の股関節を意識して
動かしていくことが
体重をタメる動作では
大切になります。

次に体重移動をしていく時に
腰の位置が上下しないよう
動かしていく練習です。

腰の位置が上下しないように
地面に対して平行に
動かしていくために
肩に棒を乗せ棒が傾かないように
体重移動をしていきます。

 

この時に横の幅をなるべく
出していくように
股関節の動きを意識しましょう。

 

股関節の動きで
体重移動をしていく幅も
変わってきます。

 

体重移動をしていく
幅が増えることで
軸足の力を前に
出していくこともできますし

球持ちの良い投手にも
同時になることが
可能になってきますので

体重移動を幅を増やし
上下しないように
動かしいていくようにしましょう。

 

最後に前足の支える力を
つける練習方法です。

軸足の力を前足が支えれないと
指先まで力が伝わりません。

 

さらにリリースポイントも安定せずに
コントロールも悪くなってしまいます。

 

全体重を支える
筋力が必要となります。

動きの中で全体重を
支えないといけないため
股関節に一瞬で入れていくことも
必要となります。

 

この時に前足の太ももで
体重を支えるのではなく
股関節を曲げ
前足のお尻に体重が
かかるようにしましょう。

 

ジャンプをして前足で支える。
その動きを繰り返し
バランスを取り毎回同じ位置に
足を着くようにしましょう。

 

前ももで支えると
ジャンプをする時に
継続して同じ力を
出していくことが
難しくなります。

 

下半身の動きを作る練習
下半身の筋力を上げ
キレのあるボールを
習得するためにも
参考にしてください!!

 

スクリーンショット 2017-05-29 14.18.10