こんにちは

BASEBALL ONE

ベースボールアナライザー

スクリーンショット 2014-05-19 13.17.31

西村昌太朗です。

 

 

内野手のあなたは
このような捕球姿勢でゴロを
さばいてはいないだろうか?

守備5

「腰を落とせ!」という
アドバイスを意識しすぎるせいで
目線だけを下げて膝も使えずお尻が
上がってしまったようなこのような
捕球姿勢になってはいないだろうか?

この写真を見ていただくと分かる通り
こんな捕球姿勢を指導者に見せれば
一瞬で!
「腰を落とせ!」という声が
あなたに降り掛かる事でしょう。

ゴロ捕球というのは
バットにボールが当たったインパクトから
ファーストバウンドを把握し
ラインを見ながら捕球していかなければ
いけません。そのためこの写真のような
形をとると先日もお話させていただいたように
「ぶつかる」ような捕球になってしまいます。

では!どうすればよいのか?

こちらの写真をご覧下さい。
守備4

ボールを後ろから見るような
こういった捕球姿勢を
身につけていきたいですね!

こうした捕球姿勢を身につける為には
体だけではなく「感覚」も大事!

そこで
今日ご紹介する練習動画は
このボール(ゴロ)を後ろから見れるように!
ラインでゴロを捕球できるように
「感覚」を覚える練習方法です。

この練習方法も自宅でできます。
それに場所もそんなにひつようありませんので
ぜひ!今日から取組んで下さいね!

BASEBALL ONE
西村昌太朗

ボール(ゴロ)を後ろから見る感覚を養う

【ご案内】

あなたもこの無料メルマガを

購読しませんか?ブログには書かない

内容を東海地区最大級の配信数で

お届けします!

BBB

 

矢印

ビービーワン!通信(メルマガ)お申込フォーム
お名前(姓)
お名前(名)
メールアドレス