こんにちは

BASEBALL ONE

スクリーンショット 2014-05-19 13.17.31

ベースボールアナライザー

西村昌太朗です。

 

 

内野手のゴロ捕球にて
ショートバウンドの打球を処理する
ことも非常に重要です。

バウンドを合わせて
準備をしていくわけですが
全部の打球を全て自分の捕球しやすい所で
捕るという事ができない時もあります。

そんな中
内野手の多くが逆シングルでの捕球や
ショートバウンドの捕球を
いやがる傾向があります。

そういった苦手意識を克服していく事と
内野手としてとても大事なハンドリング練習を
今日はご紹介していきます。

この練習のメリットは・・・

□ グラブの「面」を向ける事を覚える
□ ショートバウンドの練習ができる
□ 逆シングルの練習ができる
□ ボールの見方の練習ができる

という事です。この練習も場所は
どこでもできますし、ボール1つ
あればできるのであなたの自宅でも行う事ができます。

この練習を行う際の注意点としては

■ 腕を伸ばしすぎない事
■ グラブと顔の距離を遠くしない事
■ ボールを握りにいこうとしない事
■ 捕球後はその場で止める意識を持つ事
■ 立ち上がらずに捕球姿勢をキープする事

上記内容となります。
また横向きのショートバウンド練習の
注意点としておへその前で捕球するように
注意して下さい。捕りにいかないように!

ではショートバウンド練習動画
2本をご覧下さい。

BASEBALL ONE
西村 昌太朗

ショートバウンド練習1

ショートバウンド練習2

 

バナー①

 

BBB

 

矢印

ビービーワン!通信(メルマガ)お申込フォーム
お名前(姓)
お名前(名)
メールアドレス

 ▶ビービーワン!通信でどんな内容が配信されているのか確認する◀︎