軟式1

 

 

こんにちは

BASEBALL ONE

スクリーンショット 2014-05-19 13.17.31

ベースボールアナライザー

西村昌太朗です。

凡打

軟式野球特有の凡打といえば
バットを上から出しすぎて
ボールを切ってしまう!
あの打球。

とてつもない回転がかかり
ボールが変形してフライになる
あの打球。

軟式野球を一度でも経験したことがある
あなたならお分かりだと思います。

BASEBALL ONEにやってくる
軟式野球選手の多くがそういった
打球を数多く打っていました。

また、
素振りをさせればスイングスピード
チームナンバー1
でもボールを打たせれば全然飛ばない・・・
そんな選手もいます。

上から叩くスイングはNGです。
と僕は前々からお伝えしていますね。
なぜならこうした凡打が出やすいというのが
理由の1つであるからです。

スイングスピードがめちゃくちゃ速いのに
打球はチームで一番飛ばない!なんて
僕なら絶対に嫌です!!!!

なので今日はそんな打球ばかり出てしまう
選手におっておきの練習方法を
お伝えしましょう!

凄く簡単な方法です。
これはティバッティングの
最中に取組めるメニューです。

お伝えすれば
「これでいいの?」とビックリするような
練習メニューです。

軟式

打撃練習というのは実際にボールを
打つだけが練習ではありません。
打たない練習もあります。

それが今日ご紹介する
切ってしまう打球を改善する練習方法です。
そもそも軟式ボールというのは
インパクトの瞬間に硬式ボールと違い
潰れてしまいます。

遠くに飛ばそうとしているものが
当たった瞬間につぶれてしまうということは
当たる角度を間違えば思わぬ方向へ飛ぶ事は
ご理解いただけるはずです。

そしてバットにボールが
上からの角度であたれば
バックスピンがかかります。
つまりフライが上がりやすい状況に
なってしまうという事。

なので上から叩き続けるあなたのスイングでは
いつまでたっても打球が飛びません。
いくらスイングスピードを早くした所で
飛距離は変わらないのです。

軟式野球選手が進化させなければ
いけないのは
スイングスピードではなく
バットとボールが当たる

「角度」!!!

僕はBASEBALL ONEメンバーへ
もう耳にタコができるほど
打撃指導の際に伝えているのが

後ろから振る!
バットは前に出す!

こうしなければボールを線で捉えられない。
点で打つ打撃になってしまいます。
(点で打つ事はわるいわけではない)

ということで
ご紹介する練習メニューは
軟式野球選手のこうした
ボールを切ってしまい
とてつもない回転がかかってしまう!
フライをどうしても打ってしまう選手に
有効な改善練習です。

もう一度伝えておきますが
ボールは打ちません。
えっ!?これでいいの?というような
メニューです!

しかし!効果的。
ぜひ!この練習動画をGETしてください。

この練習動画は
ビービーワン!通信読者限定と
なっていますのでまだ読者登録
されていない方は下記申込フォームより
お名前とアドレスを記入してお申込下さい。

申込後1分でその練習動画が
あなたのメールBOXに届きます。

読者の方は先ほど
お送りしていますので
そちらからご確認ください。
軟式3

軟式打撃練習方法をGET!
お名前  *  名字のみでOK!
メールアドレス  *
お住まいの地域  *

※ビービーワン!通信の購読対象となります。