大川 画像こんにちは!

BASEBALL ONE

豊川フィールド

大川学史です。

 

 

打者にとって

タイミングの取り方は

野球を続けている限り、

永遠のテーマでしょう。

 

タイミングが遅れれば

「始動をはやくしなさい!」

「ポイントを前へ」

 

タイミングが速ければ

「タメを作れ」

「体が突っ込んでいるぞ」

 

これらのような

アドバイスがされるでしょう。

 

しかし、こういったことは

野球をちょっとでもやったことが

ある人であれば誰でも言えます。

 

問題は

『どうすればいいのか?』

という具体的な指導がされていない

ということが現状です。

 

そして選手は

どうしたらいいのか?ということが

知りたいのです。

 

私も数多くの

小・中学生をサポートさせて

頂いていますがほとんどの選手が

打撃フォームの中で

どこでボールを観たらいいのか

知らない選手が多いようです。

 

ある中学生の選手は

タイミングが遅れるから、

始動を速くしろと教えられ

投手がサインを観ているときから

始動していたそうです。

それでも遅れてしまう・・・。

そう悩んでいました。

 

この選手は極端かもしれませんが

どれだけ始動を速くしても大事な

ボールを観る時間が短いため

結局、タイミングが遅れてしまう。

 

こんな具合になってしまいます。

それではどこでボールを観るのか?!

結論はステップ動作を開始し、

踏み込むまでの時間が

長い選手がタイミングを

取るのが上手い選手と言えます。

(タイミングはその他の要素もありますが)

 

この時間を長くとるために、

始動を速くするのです。

 

始動が遅ければ、

このボールを観る時間が

十分にとることができません。

 

だからこそ!

始動を速くするのです。

 

あなたが打てない原因が

・フォーム・スイングの問題か?

・タイミングの取り方なのか?

 

現状をしっかり把握することで

レベルアップのスピードも上がってきます。

 

あなたはボールを長く観れていますか?

 

PS

本日のタイミングについての

お話は極一部です。

先ほどお話しした

サイン中から始動していた選手は

今ではタイミングを理解し、

130キロのボールでも振り遅れることなく、

変化球もヒットを打つことができています!

 

スクリーンショット 2016-05-09 16.46.05

 

動作解析

打撃解析の予約はこちら▼

投球解析の予約はこちら▼

 

無料体験

BASEBALL ONEの
個人指導を無料
体験することができます!

詳細はこちらをご覧ください。

お問合せ

場所やプランなど
ご不明な点がございましたら
お気軽にお問い合わせ下さい。

お電話でのお問合せは
0533-83-9891へ
おかけ下さい。

受付時間
10:00〜20:00

 

BBB

 

 

ビービーワン

b1

bb2

BB-ONE通信(メルマガ)お申込フォーム
お名前(姓)
お住まいの地域
メールアドレス