大川 画像こんにちは!
BASEBALL ONE
豊川フィールド
大川学史です。

 

バッティングにおいて
「あのピッチャータイミングとりにくいな!」
「あのピッチャー球速以上に速く見えるな!」

あなたはこのような言葉を
耳にしたことはありますか?

これらは、
球の出所が見にくかったり、
ボールの回転数が多かったりと
様々なことが考えられます。

本日お話する内容は
「今以上にストレートを速くみせたい!」
「バッターのタイミングを外したい!」
そう思っているあなたに、
知っておいてほしいテクニックです。

ぜひ!最後までお付き合い下さい!

足をゆっくり上げる

ピッチャーはというと
バッターのタイミングを外すために
「緩急」を使うものです。

緩急の代表的なのが
変化球でしょう。

以前もご紹介しましたが
変化球以外でも
『フォーム』で緩急をつけることができます。
(クイックや足の上げ方を変えるなど)

私自身も現役時代、
足の上げ方を微妙に変え、
体重移動時にバッターのタイミングを見て、
ボールにしたり、腕のスイングを
変えていました。

スクイズなどでランナーが走ったら
外すのと同じようなものです。
それをバッターのタイミングを毎回見ながら
変えていきます。

これはバッターを抑えるには
とても有効なのでぜひ!実践してください!

とは言うものの
バッターを見て投げるというのは
難しいものです。

小・中学生でこのテクニックは
なかなかできることではないでしょう。

そこで、
小・中学生でも実践できるテクニックは
ただ、「足をゆっくり上げる」
これだけです。

足をゆっくり上げることで
打者はタイミングがとりにくいものです。

実際に、
私が独立リーグ時代に
他のチームに所属していた
ピッチャーの一人が
ゆっくりのフォームで
投球していました。

自チームのバッターも皆、
口をそろえて
「タイミングがとりにくい」
と話していました。

この投手の実際の動画↓

http://youtu.be/91uIoaGzZCA

この投手は
足を上げてから着地まで
約2.5秒前後。

ダルビッシュ投手が
約1.4秒程度前後。

前田健太投手でも
約1.7秒前後。

これだけゆっくりであれば
「どこでタイミングをとろう・・・。」
などと迷うものです。

そこに緩急が加われば
なかなか簡単にタイミングが
とれるものではありません。

このフォームは
バランス感覚が必要にはなってきますが
投球術を覚えるためにも
一度実践して頂きたいテクニックです。

そこからどんどん、
あなたのオリジナルの
投球フォームを作っていってください!

ストレートしか投げることができない
少年野球ではこういった
フォームの緩急はとても有効ですよ!!

PS
ピッチャーのあなたは
練習等でバッティングピッチャーを
やることもあるかと思います。

その際、対戦したバッターに
「タイミングとりやすい」
「どうしたらもっと打ちにくい」
などと聞いてみると良いでしょう。

バッターも同じです。
「投げやすい?」
「どういうバッターが嫌?」
などと聞いてみると良いですね!

自チームであれば
正直に答えてくれるので
あなたのレベルアップのヒントが
たくさんありますよ!!

 

スクリーンショット 2016-05-09 16.46.05

 

動作解析

打撃解析の予約はこちら▼

投球解析の予約はこちら▼

 

無料体験

BASEBALL ONEの
個人指導を無料
体験することができます!

詳細はこちらをご覧ください。

お問合せ

場所やプランなど
ご不明な点がございましたら
お気軽にお問い合わせ下さい。

お電話でのお問合せは
0533-83-9891へ
おかけ下さい。

受付時間
10:00〜20:00

 

BBB

 

 

ビービーワン

b1

bb2

BB-ONE通信(メルマガ)お申込フォーム
お名前(姓)
お住まいの地域
メールアドレス