名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

配球 ピッチャーも考えるべきこと

  • HOME »
  • 配球 ピッチャーも考えるべきこと

こんにちは。

 

 

 

 

 

BASEBALL ONE
上之薗 北都です。

 

今回は
ピッチャーが考えるべき配球
ついてお伝えします。

 

キャッチャーがサインを出し
それに従って投げるという
投手の方もいると思いますが
そういった選手にも
参考にしてほしいことを
今回はお話しさせていただきたいと思います。

 

キャッチャーから出されるサインには
必ず理由や意図があります。

その意図を把握しようとせずに
投げてしまうと
ボール球でいいのに
ストライクを投げ打たれてしまった
などのことが起きてしまいます。

 

 

こういったことを防いでいくためにも
ピッチャー自身も配球について
考えていかなくてはなりません。

 

 

たとえば、外角にストレートを
投げるということ一つをとっても
ここは8割の力でコントロール重視で
投げた方がいいのか
全力で投げないといけない状況なのかと
球種、コースを投げるというサインとして
出されること以外にも
ピッチャー自身が考えなければ
いけないことがあります。

 

こういったことは、
ピッチャーがバッターの反応や
そのときの状況について判断して
決めていかなければならないことです。

 

変化球においても
カウントを取りたい場面なのか
空振りを取りに行く場面なのかによって
コースは同じでも
意識や狙うところは変わってきます。

 

それら全てをサインで
やりとりすることはできません。

なので
キャッチャーに球種、コースを全て任せる
というピッチャーでも
その出されたサインの意図を
理解して投げていかなければいけないのです。

 

そのために必要なこととして
キャッチャーと野球の会話をする時間を
増やしていくことが大事です。

私自身、高校でバッテリーを
組んでいたキャッチャーとは
同じチームで中学、高校とやっており
高校では寮生活だったので、

 

プロ野球などの試合を見ながら

「こういうボールを次に投げるだろう」

「俺たちならこういう風に配球する」

といった会話をしていました。

 

そういった
普段からのコミュニケーションで
試合では、ほとんどの場面で
お互いが考えた配球が
一致していました。

また、試合後に
違う配球だった場面については
意図の確認をしていました。

 

バッテリーの意図が合ってくると
ピッチャーが首を振ることも少なくなり
テンポも良くなっていきます。

 

各世代で新チームになった
今の時期だからこそ!

バッテリーの会話を増やし
配球について
考えていくようにしていきましょう。

スクリーンショット 2017-05-29 14.18.10

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.