名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

意味のある声を!

  • HOME »
  • 意味のある声を!

 

こんにちは!

BASEBALL ONE
大崎裕司です!

 

試合、練習となると
「声を出せ!」

よく聞く言葉です。

 

そこであなたは
どういった声を
出していますか?

 

練習のノック
では
「さあ来い!」

試合での声では
「楽に!」

そういった声では
ないでしょうか?

 

そもそもなぜ声を
出さないと
いけないでしょうか?

 

勉強などのように
集中していると
声は出ないものです。

 

しかし声を出さないといけない。

 

そこまでして
声を出さなければならない理由。

 

それは確認を取るためです。

 

試合中の守備では
アウトカウントや
どこでアウトを取るか
守備位置確認
バッターの癖
などなど

確認を取り合うために
声は出さなければなりません。

 

そこで相手に伝えるため
大きな声を出さなければなりません。

 

逆に言えば
相手に伝えようとすれば
自然と大きな声を
出せるようになります。

 

例えば中継プレー。

打球を追っている選手や
中継役になっている選手というのは
ボールへ集中がいくため
ランナーの動き全てを
把握することは難しいです。

 

そこで周りの選手が
どこに投げるのか
中継役はその位置でいいのか
と伝えなければなりません。

 

その当事者に伝えるためには
大きな声を
出さなければなりませんし、
相手へ本気で伝えようと思えば
大きな声が出せるはずです。

なので!

声というのは出すものではなく
言葉を伝えていくものです。

 

ただ声を出すのではなく
意味のある声
どんどん
出していってほしいです。

 

練習中雰囲気が
悪いと思えば
明るい声を出す。

これだけでも意図がある声出しです。

 

試合中では
落ち込んでいる選手や
舞い上がっている選手、
集中しすぎている選手へ
アウトカウントの確認をする。

これでも相手のことを
考えた声掛けになります。

 

「さあ来い!」
たったその一言でも

自分に気合いを込めた声なのか
それともただ声を出せと言われて
出している声なのかで
声だけでなくプレーも変わっていきます。

 

また意味のある声を出すことで
周りを観察していくので
観察能力であったり
考える力が
身についていきます。

 

これからの練習、試合
ただ声を出すのではなく
意味のある声を出していき
チームの中心選手となっていきましょう!

 

スクリーンショット 2017-05-16 14.40.55

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.