名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

自由な発想を!

  • HOME »
  • 自由な発想を!

 

こんにちは
BASEBALL ONEです。

 

・両手で捕球しろ
・腰をおとせ
・頭を動かすな

このように野球の練習では
指導者または保護者の方々が
選手たちに対して基礎を教えます。

基本を大切にする
日本野球の場合
その方法はまさに
手取り足取りといった状況で

少しでも基本から逸れると
指導者に注意をされてしまいます。

 

私も野球の指導をする立場にあります。

その立場からすると
なぜこのように指導をするかというと
それだけ基本が大切だからです。

 

今まで積み上げてきた経験など
自分ができなかったことも踏まえて
基本に忠実であるように
指導を行います。

 

しかしながら
良い選手になるためには
基本だけになってしまってはいけません。

 

なぜならば
基本だけでは対応しきれないこと
野球のプレーにはたくさん
あるからです。

 

例えば
内野手としての打球処理。

ボールが正面にくれば問題ありませんが

捕りづらいところにボールが飛んできたり
速い打球で飛んできたり
ランナーの足が速かったりと

その時々の状況、打球の質によっては
基本のプレーではアウトにできない
ということがあります。

 

この場合一番大切なのは
捕って投げることではなく
打者をアウトにすることです。

いくら指導者に
基本を教わったからといって
基本通りにプレーをして
バッターがセーフになってしまったら
なんの意味もありません。

 

そもそも
基本というものは
野球のルールには存在しません。

 

ルールに違反しない限りは
どの選手も自由な動きを
することが
できるのです。

 

当たり前ですが
基本のプレーをしなかったから
反則ということはあり得ないのです。

 

だからこそ!

選手には基本を大事にしつつも
それぞれ自由な発想をして
それをプレーで表現して
もらいたいと思います。

 

どうしても
監督やコーチに怒られてしまうと
基本通りにしなければいけない
という気持ちから

無難なプレーばかりを
してしまいます。

 

しかし、それでは
良い選手になることはできません。

 

誰にも真似できないような
プレーをするためには
自分を信じて自由なプレーに
挑戦していくことが大切です。

 

おそらく
広島カープの菊池選手も
基本を大切にして
練習をしてきたと思います。

 

しかし、基本だけでは
あのようなファインプレーの連続は
生まれないのではないでしょうか?

 

あのようなプレーは
指導者に教わるものではなく
選手自身の自由な発想から
生まれているはずです。

 

このような自由な発想は
守備だけではありません。

 

ピッチングでも!
バッティングでも!

ルールの上で
自由なプレーをすることから
周りとの差が生まれていくのです。

 

つまり
基本は基本でしかない
ということです。

 

あなたも
選手として一歩先に行くために
基本を踏まえた上で
自由なプレーに挑戦してみては
いかがでしょうか?

 

きっと
選手としての視野が広がるはずです。

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.