名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

ピッチャーにもポジションが存在する!

  • HOME »
  • ピッチャーにもポジションが存在する!

 

こんにちは!

BASEBALL ONE
大川学史です。

 

内野手では
ファースト、セカンド
サード、ショート
外野手だと
レフト、センター、ライトと

ポジションにより
ポジショニングや構え方、
取り組むべき練習が異なるように

ピッチャーの中でも
先発、中継ぎ、抑え
それぞれポジションがあります。

 

多くのピッチャーは
「エース」を
目指しているかと思いますので
「先発が一番の目標」と
ピッチャーだと
考えたりすることが
一般的なものです。

 

しかし、、

先発であれば先発の難しさ。

中継ぎであれば中継ぎの難しさ。

抑えであれば抑えの難しさ。

 

それぞれ
準備方法から配球の組み立て方、
やるべきことが全く違うものです。

 

普段先発している
ピッチャーが監督から

「今日は中継ぎとして
 準備をしておいてくれ」

「いつでも行けるように
 準備しておいてくれ」

よくそう言われることがあります。

そんな時
普段先発しかしていないので

準備方法がわからず
投球練習で投げ過ぎてしまう

または、
全く投げることができずに
そのままマウンドへ向かってしまう

その結果、思うようなピッチングが
できないことがあったりするものです。

 

僕も先発で投げることが
多かったのですが

連戦中だったので
抑えで登板した試合で
打たれたことは
今でもはっきり覚えており
難しさを感じた経験があります。

 

マウンドに立てば
“バッターを抑える!”
ということには
変わりはありませんが

いざ!マウンドに立つと
どこの場面から投げるかによって
全く違うものです。

 

結果を見た時も
先発と中継ぎ、抑えとでは
全く違うものです。

 

先発であれば、
初回に2点とられたとしても
挽回するチャンスがあり
5回投げ2失点であれば
結果のみにフォーカスすれば
最低限の役割を果たしています。

 

しかし、
中継ぎ・抑えであれば
変わったばかりのイニングで
1点、2点と取られることは
結果のみで考えると決して
良いとは言えないものです。

特に!
トーナメントのような試合、
ゲーム展開によっては

1点も取られてはいけない場面が多く
中継ぎ、抑えというポジションは
とても難しいのです。

 

さらに!!
イニングの途中やピンチの場面で
登板するとなれば
ヒットはもちろんフォアボールすら
許されない場面も沢山あります。

 

そんな大変な
ポジションに関わらず!

その準備方法などを
的確に指導する方が少なく

そもそもそこに
フォーカスされないのが
今の野球界の現状です。

 

「いつでも行ける準備をしておけ」

そう言われ
準備をしていたが
結果を出すことができなければ

「準備不足だ。ちゃんと準備しろ」

または

「試合の流れをよめ」
「投げすぎだ」

こんな具合に言われて終わりです。

しかし
私たち選手の立場からすれば

「どのように準備をすれば・・・」

とわからない
知らないだけなのですよね?!

 

中継ぎ、抑えというポジションで
結果を残しておくためには
準備方法が明確でなければ
調子の波が大きくなるものです。

 

【中継ぎの投手の方必見!】

 

【抑え投手の方】

 

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.